最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

3歳の子育てに疲れた時に試してほしい3つの方法

お風呂 あひる 泡


こんにちは。
嘉成晴香(かなりはるか)です。現在3歳4か月の男の子の母親やってます。

はるか

2歳は「イヤイヤ期」、3歳は「魔の3歳」とか言いますよね。

いやいや、うち、
「魔の0歳」
「魔の1歳」
「魔の2歳」
でした、けど!?

(私のメンタルが弱いというのもあるでしょうが)

言うこときかないったらない!!

途方に暮れることもしばしば。

もちろん楽しいこともあるのですが、

「『無機・不向き』で考えると私は母親にほんと向いてない」

と思ってしまうほど、疲れてます。

 

でも、ある一つの日本語の文法を息子が覚えただけで、ちょっとだけマシになりました。(私は日本人で夫もそうです。
私は日本語教師なので、こんな言い回しですみません)

それでは、我が家の方法を見ていってください!

 

◇3歳の子育てに疲れた時に試してほしい3つの方法

目次

子どもに一刻も早く教えたい日本語の文法とは
子どもがお風呂を嫌がる時はものでつる
子どもがぐずっているけれど忙しい時は歌に限る

 

子どもに一刻も早く教えたい日本語の文法とは

ずばり、言います。

「~たら、~」です。

例文:お片付けしたら、おやつ食べようね。
(保育園から)帰ったら、おくつ、ぬごうね。
テレビ終わったら、ごはん食べようね。

はるか

「おくつぬごうね」は、なかなかぬぎたがらないので、
帰宅途中に先に釘さしてます(笑) 

この、「~たら、~」を理解できれば、楽になります。

理解させるには、言いつづけるしかないのですが、集中してつ使いつづけると、けっこう早く覚えてくれました。

最初は、「Aたら、B」だと、Bに喜ぶことをもってきます。
そうすると、覚えが早いです(笑)

例:おきがえしたら、テレビ見ようね。

前は、「おきがえをします。それから、テレビ見ようね」と言ってたんですが、なんかめんどくさくなってきたのでやめました(笑)

応用としては、

例:お風呂入っ、パジャマ着、牛乳飲んだら、ねんねしようね。

「~て、~て、~たら、~」構文です(笑)

一度にいろいろ言いたいというより、最後に必ずしてほしいことをもってくることで、子どもをうまく誘導できます。(うちの子、牛乳大好きなので、嬉しいことを入れておく)

そして、説明した後、必ず聞きます。

私「お風呂入ったら、何するんやっけ?」

子「パジャマきる」

私「パジャマ着たら、何する?」

子「牛乳!」

私「そう!牛飲んだら、どうするの?」

子「ねんね!」

私「そうだね。じゃ、まず今から何するの?」

子「……お風呂?」

私「あったりー!」

 

なみに、我が家だけかもしれませんが、お片付けは「お片付けして」とはあまりいいません。

なぜなら!
私がこう言われても、どこからどうしていいかわからないから!(笑)

というわけで、具体的に言います。

  1. 「ブロック、片付けてね」
  2. 「ブロック片付けたら、絵本集めてね」
  3. 「お母さん、積木集めるから、 めーちゃん(息子の愛称)はトミカをかごに入れてね」
  4. 「全部片づけたら、(おさるの)ジョージ見ようね」

 

あまり言い過ぎると、主体的に動く子にならない気がするので、

はるか

ブロックしまったら、何したらいいと思う?

と、聞いています。

 

「ここまでせんとあかんの!?」

って感じに思われるかもしれませんが、大人だって、ことば一つに踊らされる。

「今日はうどんでいいよ」とか。「で!?」”(-“”-)”

なので、めんどくさいかもですが、おススメです。

 

子どもがお風呂を嫌がる時はものでつる

まぁ、何をするにもいやがるんですが、一例として、お風呂。

ものでつるとか、どうよ( `ー´)ノ

とか思う方は、スルーしってってください。

でも、毎日の生活に疲れてるんです。イライラして、変なとこ我慢したりするより、よほど健全なんじゃないかと。

それでは、お風呂に入る時の様子を見ていきましょう!

 

・もう遊ばなさそうなおもちゃ
 ……一応見せてみて、いっしょに入るならあとで処分することを伝える
・かまぼこの板
 ……湯船にプカプカ浮くので、それに他のおもちゃを乗せて遊ぶ
・ビニールの袋(小さなスーパーの袋もOK)
 ……水入れたり、いろいろ遊べる
・小さなタオル

 ……「お洗濯して」と頼む

お風呂に誘う時は、さっきの「~たら、~」を使います!

一度、普通に「入ろう」と言って無理だったら……

「お風呂入ったら、お母さんとブロックで遊ぼうね」

最近いただいたプレゼントでヒットだったのは、これ。

家では買わないもの、でも「あると嬉しいもの」が一番うれしい!私も、今度友達の子どもにプレゼントする時、これにしようと思ってる。

 

子どもがぐずっているけれど忙しい時は歌に限る

ご飯の用意に明日の仕事の準備……と、毎日忙しいですよね。でも、そんな時に限って子どもはかまってほしい様子。

そんな時は! 歌に限る!!

それでも「あれして、これして」と言ってきますが、かまわず歌いましょう。いっしょに歌ってくれたりします。

泣いてしまっても、その泣き声に負けずに歌います。案外泣き止む。

はるか

一瞬だけ作業の手をとめて、サビのところでこちょこちょしたりも効果的。

 

歌う時の工夫5つ:

  1. スピードを変える
    (早く歌ったり、遅く歌ったり)
  2. 声色を変える
    (高い声や低い声、「次ライオンさんが歌います」とか言って)
  3. 子どもが好きな歌は2番目か3番目くらいにする
    (1番目だと、まだ不機嫌な時)
  4. 替え歌にする
    (子どもの名前、くまさん、とりさん、ぶたさんを登場させる)

 

◇おわりに

さて、現在私は、「歌いながら」これを書いております。

こんなの書いてる暇あったら子ども見てあげようよ、と思われるかもしれませんが、さっきちゃんと遊びました。

子どもとの遊びは、エンドレス。

息抜きさせて、いただきます!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です