最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

グーグルアドセンスを貼ると決めた私の理由


こんにちは。
児童文学作家の嘉成晴香(かなりはるか)です。
⇒これまで出していただいた本

ブログを始めて、Twitterでよく目にするようになった言葉があります。

それが、「グーグルアドセンス」です。グーグルさん経由で自動広告(見ている人によって変わる)を自分のブログに貼り、その広告にクリックがあると収益が発生するという仕組み。

このグーグルアドセンスは、どんなブログもOKかというとそうではなく、大まかに言うと「子どもに見せても大丈夫か」どうかが決め手の手ごわい?審査があり、それに合格できなければアドセンスは貼れません。

広告から商品を買わずとも、その広告にクリックがあるだけでお金が発生する!!ということで、多くのブロガーさん達が利用しています。

実は、最初私はこの「アドセンス」を貼るのは微妙だと思っていました。

そんな私が、今回貼ると決めた理由を今日はお話します。

 

◇グーグルアドセンスを貼ると決めた私の理由

目次

広告のないウェブページは小さい頃からの夢
フリーランスの師匠、高田ゲンキさんにアドバイスをいただく
なかなかグーグルアドセンスに合格できなくてしょんぼり

 

広告のないウェブページは小さい頃からの夢

「好きなことを発信して、お金をもらえる!!!」

グーグルアドセンスには、夢がありますね。

はるか

私も、最初はやりたいなぁと思いました。

けれど、ふと思い出したのです。

それは、私が初めてホームページを作った14歳の時のこと。

 

私がインターネットにはまったのは13歳の時から。当時はまだインターネットをするにも高額で、でも夜中~早朝までは安かったんです。(そういう料金設定だったのかな?)

ということで、私は朝の5時とかに起きて、まだ家族が寝ている間、パソコンに向かっていました。そして、おもしろいページを探したり、全国の同世代とチャットをしたり。あのワクワク感ったらなかったな。

はるか

「私もホームページを作ってみたい!」

と思うのに時間はかかりませんでした。即、無料のホームページ作成サイトに登録。ヤフージオシティーズとか。この前閉鎖されましたよね。

自分の詩を公開したり、エッセイのような、日記のようなものを書いたりしていました。楽しくってしょうがなかったな。

でも、一つ気に食わないことが。それが、ホームページのデザイン。

「もっとこうしたい!」とか、「この広告、消したい!」と思っても、無料のサイトなので、どうすることもできない。

思うようにするには、有料のサービスを利用しないとダメ……でも、中学生の私が、親を説得して払ってもらう馬力はありませんでした。ホームページを作っていることさえ、話していませんでしたからね。もし話したら、「危ない」って言われるんじゃないかと、内心ヒヤヒヤしていました。

はるか

それから私は年月を重ね、大人になりました。

今、私はこうやって独自ドメインをもてるほどになりました。(決して、お金がかかるというわけではありません。ただ、子どもの頃はできなかった契約が、大人の今は、誰に遠慮することもなくあっという間にやってしまえます)


やっと、やっと夢がかなったのです。

自分の思うように、自分のしたいように、自分のホームページを作っていけるのです!!

私のホームページなんて、アクセスがあるのは「ほんとに興味ある人」だけでとっても少ないし、だったら小さい頃の私の夢を実現しないと。

 

こんなことを考えていました。

 

目次にもどる

フリーランスの師匠、高田ゲンキさんにアドバイスをいただく

そんな時、Twitterでお世話になっているイラストレーターの高田ゲンキさんからアドバイスをいただきました。

「アドセンス、つけないの?」

と。

この時、私はこのブログを始めて5か月くらい経っていました。ずいぶんとブログを書くのにも慣れてきた頃で、広告のない私だけの私のためのブログを満喫しているところでした。

はるか

ゲンキさんほどのインフルエンサーなら収益にもなるかもしれないけれど、私がやってもどう見込めないしなぁ。

こうお返事をしたところ、今度はこんな感じの答えが。

「ブログが育てば意外と収益が出るし、持つだけ持っていてもいいんじゃないかな」

 

私はこうと決めたら頑固な方。これでも「うーん」と思いました。

けれど、高田ゲンキさんは、イラストと物書きという私とはジャンルは違えど同じフリーランスの先輩。ってか、師匠。それに、私と同じく小さい子どものいる親同士。

もう一度、考えました。

そして、約半年、自分だけの自分のための城をけっこう楽しんだなと思うように。

つまり、自分の城に他の絵画(アドセンス)をかけてもいいかもしれない、と思うようになったのです。

ま、損はないしね、と。

もしちょっとでもお金になれば、子どもや誰かのために使える。

そもそもこのブログ、「誰かの役に立ってほしい」と思って始めたんだから、そういう仕組みを作っておくのも悪くないな、と。

この本が、高田ゲンキさんのご著書。フリーランスを目指している方、フリーランスになったばかりの方にはぜひ読んでいただきたいです!!ゲンキさん自身の失敗もたくさん書かれているので励みにもなりますし、「私もがんばってみよう」と元気ももらえます。

目次にもどる



 

なかなかグーグルアドセンスに合格できなくてしょんぼり

というわけで、早速グーグルアドセンスの審査に申込みました。

でもここからが大変でした。

何度も不合格。

はるか

おそらく、15回とかいってる。数えてないけど。

それに、かなり衝撃的な失敗もしてしまい、撃沈しました。また近いうちに書きますが。

書きました!(2019年3月14日)

グーグルアドセンス合格への道のりでした大失敗を公開

 

そしてトライアンドエラーの末……

やっと合格いたしました。

どうやって合格したかも、また近いうちに書こうと思います。

書きました!(2019年3月9日)

「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について」を克服した?私の方法

目次にもどる

 

◇おわりに

ブログ(ホームページ)を始めてから、嬉しいお問い合わせをいただいたりしました。

私の城の小さく狭い門から、伺うように、そっと入ってきてくださったのです。感激して、即、スマホを抱きしめました。

何のためにブログをしているか。

初心を忘れず、これからも楽しくブログ運営していけたらいいなぁ。

今後とも、この「星空迷路」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年

嘉成晴香(かなりはるか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です