最新作『 HIMAWARI 』発売中!

くまのぬいぐるみ(あみぐるみ)にパンツと服をかぎ針で編みました

くまのあみぐるみの服


こんにちは、嘉成晴香です。

最近、こんなものを作ったんですよ。

 

おでかけのカバンのファスナーの持つところがとれてしまってですね、何かかわいいものを付けたいなと作ったわけです。

なんかノンタンっぽいですが、ノンタンではありません(笑)

大きさは、親指大くらい。

で、できあがってかばんにつけようとしたら、息子(4歳半)にかっさらわれ、今では彼がブロックで作った城の主となっています。

息子いわく、

「服着たお人形、かわいい」

とのこと。

ほほう。

うちのぬいぐるみ、はだかんぼ多いもんね。

ということで、息子が生まれる前に作ったくまのお人形(あみぐるみ)に服を作ることになりました。

ちなみにこのくま、息子より早く私から生まれたので、「お兄さん」と呼んでいます。

くまだと私は思ってたんですが、息子いわくちがうようで……

それに関しては、こちらの記事をどうぞ:

うちのお兄さんがくまではなくライオン(メス)で「お姉さん」だった

 

 

くまのぬいぐるみのパンツ(ボクサーパンツ)を編みました

私は、パンツはいらないと言ったんですけどね。

うちの坊は「絶対にいる!」と。

うちの子、トイレとかお風呂の後、すぐにパンツはかないで踊ってるので、

はるか

お母さんがパンツを作ったら、めーちゃん(坊の愛称)、すぐパンツはく?

と約束?し、作ることに。

 

このパンツは、まずくさり編みを足の太さより少し長いくらいに編み、わっかにし、そこから足の付け根までの長さ、筒状に編みます。

それを2つ作り、ひっつけて腰回りを編み上げました。

 

くまのぬいぐるみのズボンも編みましたが左右で大きさがちょっと違う

 

こちらも、パンツと同じように編みました。

編んだはず……なのですが、ズボンの左右がちょっとサイズちがう……

とりあえず、すそを折ってごまかす(笑)

 

ちゃんとパンツもはいてます(笑)

 



 

くまのぬいぐるみの服(上着)もかぎ針で編みました

いかがでしょうか。

ボタンは、私の古くなった(捨てようとしていた)服からとりました。

ちゃんとボタンホールもあります。

ちょっとタイトな感じになってしもた。

なんでスーツになったかって?

はるか

ネイビーの毛糸が余っていたからさ!!

そして、同じく余り毛糸の白でふちどり。

これ、なくてもよかったかな?

ほんとは長そでにしたかったんですが、ネイビーの糸がここでなくなってしまい……(笑)

 

えりを折ってもかわいいかも。

どうでしょう。

 

うしろはこんな感じ。

しっぽのところ、ぼこってしちゃってるなぁ。

 

こちらの上着も、下から編みました。

まずは腰回りの長さ+上着の布が重なる部分をくさり編み。

それから少しずつ目を減らし、途中、ボタンホールを開け、くまのわきの下まで長編み。

そして、腕の部分をズボンやパンツと同じように太さの分をくさり編みでわっかにして別で作ります。

最後に全部のパーツをひっつけ、首回りをなじむようにかがっていきます。

仕上げは、白の糸でふちどり、ボタンをつけます。

うーん、この説明じゃかぎ針初心者だとちょっと難しいかもなので、ご質問があればいつでもご連絡ください。

 

多少不格好ですが、まぁ、よし!!

シルクハット、作りたいんですけど、どうやって頭にのせよう。

夫に話すと、「マジックテープ付ければ」とのこと。

でもそうなると、ぼうしかぶってないとき、はげてるみたいちゃう?!

 

あ、なんか、お兄さんの和装も作りたくなってきた。

お内裏様みたいな衣装!!!

しゃく、持たせたいー!!

夢は広がるなぁ。子どもそっちのけで(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です