最新作『 HIMAWARI 』発売中!

文フリ大阪へ行ってきました!


こんにちは。嘉成晴香です。

今日は、「第7回文学フリマ大阪」へ行ってきました!!

文学フリマとは?

文フリ大阪ポスター

 

公式サイトによると……

文学フリマとは、全国で開催されている文学作品の展示即売会です。
文学フリマの「場」には一般商業流通には乗らない作品がたくさん集まります。
自費出版の書籍、ホチキスで綴じたコピー誌、手製本の書籍、CDや電子書籍、Tシャツ、豆本、その他……。
本屋さんでも通販でも出会えない、さまざまな形の〈文学〉が一堂に会し、販売・配布されます。
内容も、小説・物語・詩・俳句・短歌・ノンフィクション・エッセイほか、評論・研究書など多岐にわたり、対象年齢やジャンルも実にさまざまです。
既存のジャンルや定義・価値観にとらわれない、自由な発想・斬新な視点から生まれた作品も多く出品されます。
文学フリマは、新たな才能の発掘の場ともなっているほか、プロの作家やライター、編集者が限定版の作品を出品することもあります。
※古本市ではありません。

とのこと。

一昨年、初めて行ってみて楽しかったので、今年も行ってきました!!

文フリ大阪でお目当てのものを購入!

文フリ開催前になると、Twitterで作家さん達が宣伝をしてくれます。

前回までは、何の下調べもなく行っていましたが、今回は「お目当て」の作家さんの目星をつけました!

もちろん、会場で出会うべくして出会った作品達も!!

文フリの戦利品

いっぱい買っちゃった!

はるか

散財!!

でも、満足!!(^^)/

 

「感想はTwitterへ送ってくれると嬉しいです!」

と言ってくださったブースもあったので、ぜひそうしよう。

すごいよね、書き手さんとすぐつながれるの。

 



文フリの後は、創作仲間と飲み会!

Twitterで知り合った創作仲間の皆さんと、文フリ後、飲みに行きました!!

広島、埼玉、兵庫、の方々が集まりました。

取材も兼ねてモンゴルへご旅行へ行かれた方がいて、その話がおもしろかった(^^)/

私もいつか行ってみたいな。

お水で乾杯

実はこれ、乾杯の時に写真撮り忘れて、途中でお冷で撮りました(笑)

ちなみに、串カツ屋さん。

久々でおいしかった!

 

串カツのチーズ

こちらも写真撮り忘れて、最後に食べたチーズだけ(笑)

私はレンコンばっかり食べてたので、おそらく「嘉成さん=レンコン」と今頃皆様にインプットされていることでしょう。

ま、いい。

好きなものは、好きなのだ。

 

今回は、2000人を超える入場者数だったとか。

すごいですね。

こんなにも、文学に興味がある方がいるということでしょう?

 

作品を買う時、ちょこちょこっとブースの皆様とお話できて、よかったな。

去年までは、緊張してあんまりできなかったのだ。

やっぱり、せっかく行ったからには話さなきゃね。

話下手(口下手?)なんですが、話すのは実は好きなんです。

来年はもっともっと話しかけるぞー!

 

さー、今から昨日手に入れた作品の数々を読むぞー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です