最新作『 HIMAWARI 』発売中!

初めての海外生活&一人暮らし!エジプトのルクソールで暮らした家を少しご紹介

エジプトの家


こんにちは。

2020年1月~3月まで、ご縁あってエジプトのルクソールで暮らしました。

ルクソール公立図書館で日本語をゼロ初級から教えています

その時に借りて住んでいた家について、今日はご紹介したいと思います!

さて、エジプトの家ってどんな感じでしょうか!?

もうね、1歩入るだけで異文化よ。

スポンサーリンク

エジプトの家は木造!?建設途中の家が街にいっぱい!

私が住んだ家を紹介する前に、エジプトの家事情を少しお話します。

これは、3か月弱エジプトにいる間にエジプト人やエジプトに長く住む日本人の友達に聞いたものです。

 

エジプトの首都カイロにまずは降り立って、カイロ空港から研修先へ向かう途中、街並みを眺めていてビックリ!

はるか

建設途中の家やマンションがものすごく多い!

1階部分だけ、とか。

ちなみに木造。

あまりにも多いので疑問に思いましたが、でもエジプトは出生率も3人以上と聞いていたので、

きっと建設ラッシュなんだな、とか勝手に解釈してました。

でもこれ、ちがったみたいです。

エジプト人の友達いわく、

「エジプト人はお金があったらまず、その予算分だけ家を建てます」

とのこと。

はるか

え? 3階建てがほしくても、1階分しかお金がなかったら、とりあえず1階部分しか建てないってこと?

答えは、YES。

なので、建物が完成するのに30年とかかかったりするそうです……。

日本じゃ考えられない!

というわけで、建設途中の家ばかりが立ち並んでたんですね。

いっきに建ててしまえるということは、お金がある象徴なのかも。

エジプトで家を買うと、窓からドアまで全部オーダーメイドで手を入れなければならない?

これは、エジプトで家(マンション)を買ったという日本人の方にたまたまお会いした時に聞いた話です。

エジプトの家が全部が全部そうとは限らないと思いますが……

その日本人女性いわく、

「安かったから思い切って買ったんだけど、入ってびっくりよ。窓もドアも間取りも全部自分でしなきゃならないの」

とのこと。

はるか

え? 入ったら窓もないがらんとしたワンルームだったってことですか?

その方は、まいったとばかり苦笑いをし、大きくうなずきました。

日本なら、「マンションを買った」と言えば、当たり前のようにその部屋には窓もドアもあるし、いくつかの部屋に分かれてるものですよね。

でも、その方が買ったマンションは窓さえなく、

「今から自由に手を入れてください」

と言われて、ヒーーーーーとなったそう。

そりゃ、なりますよ。

「適当にやってください」とお願いしたらしいんですが、エジプト人からは「オリジナリティがないと!」と言われたそう。

ということで、窓をくりぬき、ドアも数ある中から選び、フローリングを貼ったり、いろいろしなきゃならないことに。

この話を聞いた時の私はまだピンときていませんでしたが、確かにエジプト人は家の中にこだわってました。

同じマンションでも、同じドアが並んでなかったり。

はるか

内装も、ほんと様々。

特にお金持ちは、装飾にこだわってました。

エジプトの家!大家族で住むのが当たり前なのでワンルームはほとんどないそう

私は協力隊としてエジプトへ行ったので、家を選ぶのも借りるのも、JICAさんが全て手配してくださいました。

JICAさんは、隊員が安心・安全に生活できるように前もって家を探してくれていたので、すぐに入居ができるように。

(実は窓のカギが一か所かからなくて予定の翌日になりましたが)

協力隊は、単身で海外へ赴きます。

ということで、私も夫と子どもをおいて一人で臨みました。

既婚・子持ちの社会人が青年海外協力隊(短期派遣)に応募するまでに準備したこと

私にとって、初めての海外生活、そして一人暮らしとなりました。

はるか

初めての海外生活&一人暮らしがエジプト……「どこでもやってけるよ」と大勢の方に言われました(笑)

私はてっきり、セキュリティがしっかりしたワンルームかなんかに住むんなじゃないかと出国前は思っていたんですが、案内していただいた部屋に入ってびっくり!

「これでも小さい部屋です」

と、大家さん代理。

エジプトは、まず子どもが多いんです。

そして、その子ども家族ともいっしょに住むので、ワンルームはほとんどないとか。

2家族同居でも少ないとのこと。

私はその「2家族(2カップルという意味)が住める家」に住むことになりました。

なので、

  • リビング
  • ダイニング
  • キッチン
  • トイレ2つ
  • シャワー2つ
  • ベッドルーム2つ

って感じでした。

エジプトの1月は冬です。

エジプトといえば砂漠の国ですし、暑いイメージですが、冬は別。

日中は20度を超えましたが、夜は3度とか。

この広い部屋で……日本と違って隙間対策あんまなされてないしで震えてました。

エアコンも、故障で数日使えなかったし……。

こちら↓の記事にも書きましたが、

エジプトに日本から持って行ってよかった便利なもの

ユニクロのウルトラライトダウン、ものすっごい重宝しました。

渡航前からエジプトにいる方にアドバイスいただいたとおりでした。

小さくできるし、暖かいしね。

 

ちなみに大家さん代理に頼み、エアコンはすぐに直りました。

なんと、大家さん代理が操作すると、ウソのように直ったのです!

はるか

どうして?

と聞くと、

「マジックだよ!(ドヤ―)」

と返ってきました。

その後、大家さん代理に誘ってもらい、エジプトの結婚式に参加するという貴重な体験もしました。

エジプト!ルクソールの結婚式に行ってきたよ①

とりあえず、エジプトで大家さんとは仲良くしとくと、いろいろ助けてくれて最高です。

スポンサーリンク

私がエジプト(ルクソール)で暮らした家の一部をご紹介

さて、前置きが長くなりましたが、私が住んでいた家をご紹介。

ナイル川沿いの遊歩道からすぐというすばらしい立地でした。

まずは、外から。

エジプトの家

このマンションの最上階(日本で言う5階)の右端でした。

はるか

エジプトでは、日本の1階はグランドフロアと言うので2階が1階と呼ぶようです。

ちなみに、エレベーターは、なし!

スーツケースとか重い物運ぶときは、辛かったけどいい思い出だわ。

手前の黒いドアがエントランスで、ここにもカギがあります。

1度、カギを回してもどうにもこうにもドアが開かなくて泣きそうに。

運良くここに入るまでの出入り口は軍が見張ってくれているところだったので、半泣きで助けてと求めると……

手でガコンガコンとドアを動かして開けてくれました………

右奥の小さい交番みたいなところに、かけこんだってわけです。

真ん中の犬は野良犬ですが、この辺の番犬みたいな犬。

「とまって」と日本語で言うと、近寄ってきてもすぐにストップして離れていくといういい子さんでした。

渡航前に狂犬病の予防接種はしてますが、かかったら大変なので、途上国では得に動物には注意しましょう。

ちなみに狂犬病は、名前は「犬」ですが、他の動物からでもうつります。こうもりとか、触れただけで即病院行った方がいいレベルらしい。

 

さて、それでは部屋に入りましょう。

写真は撮り忘れてしまったんですが、ドアは2重ドア。

土足で入ります。

まず、聞いてはいたんですが、家具が全部そろっていてびっくり。

まさかクッションまであるとは思わなかった!

エジプトでは、部屋を貸すなら全部用意するのが普通みたい。

エジプトの家

お気に入りは、この天井。

最上階ならでは!ですよね。

ちなみに本来なら最上階はJICAさんは隊員の住居として選ばないのが普通だそう。

なんでかって、泥棒とかが入りやすいから。

でも、このマンションは周りに高い建物がなかったので、今回はOKとのこと。

エジプトの書斎

ここが書斎。

ここで夜な夜な日本語教室の準備してました。(私の職種は「日本語教育」だったので)

エジプトのリビング

ここがリビング。

広いでしょー!!

座っているのは、私の担当の敏腕調整員さんと、とっても親切なエジプト人スタッフさん。

この写真は部屋に入ってすぐに撮ったものなので、まだスーツケースが真ん中にあります(笑)

リビングの横に廊下があり、奥がキッチン。

ここがキッチン。

コンロはIH。

ものすごい火力すごくて、最初びびった。

右手の流し、上に戸棚があって、何度お皿洗ってる時に頭ぶつけたか……!

はるか

エジプト人は背が高い人が多いからか?、全体的に位置が高かったです。

コンロとか、洗面台とかね。

ちなみに右手前にドラム式の小さい洗濯機がありました。

ここがトイレ。

トイレの横のは、足を洗うところらしい。

トイレの横が、シャワー!

シャワーのフックが高い位置過ぎて、低い場所に付け替えてもらいました。

トイレとシャワー、もう一つずつありましたが、ここではこれだけ載せときますね。

さっきのソファーのあるリビングの隣りが、ダイニング。

食器棚には、何でもそろってます。

大家さん代理が、またまた「ドヤー」って顔で中からおもむろに「おはし」を取り出し、見せてくれました。

はるか

持ってきてたけど、それ使わせてもらいますね

冷蔵庫も運び入れてもらいました。

この冷蔵庫、冷凍庫がたまに氷でくっついて開かず、焦った……。

エジプトのダイニング

いすやテーブルが、とにかく豪華。

よくこんなのそろえてくれたわ……。

ちなみに奥の黒いのが、物干しざお。

エジプトの家

ここが私が使ってたベッドルーム。

キングサイズのベッドがドーーーーーン!!

ベッドの左右上下には大収納!

はるか

使わなかったけど

こちらはもう一つのベッドルーム。

私が使っていた方の部屋にも、この部屋の上にあるみたいなファンのついたライトがありました。

(冬だから)使わなかったけど。

ナイル川沿い

ここが、家から出てすぐの景色。

ナイル川沿い、散歩するととっても気持ちいいんですよ。

ずっと前に夢で見た家がエジプトにあって驚いた話

この家に入って、まずびっくりしたのは、リビングの天井の、これ。

すてきでしょ。

でもね、「すてき」ってことに驚いたんじゃなかったんです。

実はこれ、見覚えがあった。

どこでって、夢の中で。

これ、夢で見た!という正夢が頻繁に起こる今日この頃

ずーーーーっと前の夢で、目覚めたその朝は、

もしかして、いつかこんな家に住むことになるのかな?

とか思ってました。

でも、約2年前に家を購入して、その家は「THE日本のマンション!」って感じの家。

エジプトの家とはほど遠く、引っ越してしばらく経って夢のことを思い出した時、なんとなく残念というかそんな気がしてました。

でも、夢は正夢に。

まさかこんな形でなるとは思ってませんでしたが(笑)

 

さて、次はどんな夢が見られるかな。

またちがう国の家事情も知りたいな。というか、いろんな国の家に住んでみたい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP