最新作『 HIMAWARI 』発売中!

エジプト観光!ルクソール西岸のメムノンの巨像にフェリーから徒歩で行ってみた

メムノンの巨像


こんにちは。

青年海外協力隊(短期派遣)としてエジプトで活動中の嘉成です。

ルクソールに来て1カ月経ち、やっとこさ観光する余裕が出てきました!

はるか

明日、時間あるやーん!

と気づいたのが、今回のレポートの「メムノンの巨像」へ行こうと思った前日の21時。

ルクソールはずーーーっと晴れで、お天気は気にしなくてもいいので思い立ったらすぐ行ける!!

ってことで行ってきました。

 

 

スポンサーリンク

ルクソール西岸の「メムノンの巨像」って何?

さて、「メムノンの巨像」とはなんでしょうか?

まず、ルクソールとは、首都のカイロから飛行機で1時間、ナイル川に沿って南下したところにある町です。

古都なので、日本でいう京都みたいな観光地。

そして、ルクソールはナイル川をはさんで西岸と東岸に分かれていまして、この「メムノンの巨像」は西岸にあります。

ちなみに私は、東岸に住んでいます。

 

詳しい「メムノンの巨像」について……

wikipediaさんによると、

メムノンの巨像は、エジプト・ルクソールのナイル川西岸にある2体のアメンホテプ3世の像。呼び名はギリシアの伝説、トロイア戦争に登場するエチオピア王メムノーンに由来。高さ約18m。
元々は、背後に同王アメンホテプ3世の葬祭殿が控えており、その入口の部分であった。葬祭殿は第19王朝ファラオ・メルエンプタハが自身の葬祭殿の石材調達のため破壊した。

とのこと。

アメンホテプ3世とは、ルクソールの東岸にある超有名観光地「ルクソール神殿」をつくった方。

葬祭殿、後の王様によって壊されちゃったなんて、ちょっと悲しいですね( ;∀;)

 

王家の谷のすぐ近く!「メムノンの巨像」はフェリーポートから徒歩40分!

さてさて、どうやって行こうか?と考え……

そもそも、どうして「メムノンの巨像」をピックアップして行こうと思ったかをご説明しますと、来月日本から友人がやってくるのです。旅行で。

おそらくその時に、ルクソールの有名観光地はいっしょに回るでしょうから、ちょっとマイナーなところは一人で回ってみようかと。

ということで、数時間で、一人で行けそうなところを探したわけです。

それが、「メムノンの巨像」!

 

  • 全部タクシーで行くか
  • フェリーとタクシーで行くか
  • フェリーと徒歩で行くか

行き方は、この3択。

グーグルマップによると、フェリーを降りてからの距離は徒歩40分とのこと。

見ると、道はずっと1本道。

はるか

これは、歩いて行けるんじゃ!??

ということで、フェリーと徒歩に決定!

フェリーは1回乗ったことあるしで、ハードル低い!

 

前にフェリーに乗ったのは、エジプトの結婚式に行った時でした!

エジプト!ルクソールの結婚式に行ってきたよ①

 

 

ナイル川東岸からフェリー!ぼったくられそうになるけれど5ポンドで乗船

東岸のフェリーポートまで歩いていると……

やたら「モーターボート?」と勧誘がくる。

「たくさんの人が乗るフェリーより、モーターボートの方が早いし、楽だよ。安くしとくよ」

とのこと。

ちなみに、モーターボートも乗ったことがあるのでわかるんですが、

フェリー:ポンド(32円くらい?)、所要時間は5分

モーターボート:今回提示されたのは20ポンド(130円くらい?)、所要時間は3分

なので、2分の違いじゃそりゃフェリーだわね。

 

フェリー乗船間際まで、モーターボートのお兄ちゃんにはついてこられてしまったけど、なんとかふりきり……

うかつなことに細かいお金がなくて、乗船料として50ポンド札を出すと、そのままフェリーに乗るように促され……

「前に乗った時は5ポンドでした」

と言うと、しぶしぶ?45ポンドおつりが来ました(笑)

ほんと、現地の人の料金と観光客と、値段がいたるところで違うんですよね。

ここに限らず、カフェとかタクシーとかスーク(市場)とかでも。

ま、何回か通ってたりすると、スークでは現地料金でおまけまでつけてくれたりするようになります!

 

スポンサーリンク

歩いて「メムノンの巨像」!フェリーを降りてから現地まで「タクシー?」の嵐

こっちのフェリー、中で実演販売?があるんですよ(笑)

今日見たのは、「きれいにむけるピューラー」と「紙がツルツルなので何度でも消せる子ども用ノート」でした。

誰が買うんだろうとか失礼なこと思っていたら、何人か買ってました。

 

そして、フェリーを降りると……あら、びっくり!!

フェリーに乗るまで「モーターボート?」とめっちゃついてきたお兄ちゃんがそこにいました!(ちょっと怖い)

おそらく、ご自分のモーターボートで先回りしたんでしょう。

彼が今度は言うには、

「タクシー?」

つまり、モーターボートはいいなら、タクシーはどうだ?と。

「ゴー トゥー キングバリー?(王家の谷)」

首を横にふる私。嘘じゃないし。

とりあえず、しつこいので、「歩くのが好きなの!」と言うと、やっと離れていきました。

 

でも、その兄ちゃんが離れるとすかさず、次はおじさんがやってきまして……

「ドゥー ユー ニード バイスクゥル?」

つまり、レンタサイクルはどうか?と。

これには心惹かれたんですが、JICAの規定で確か乗っちゃダメだったので、断る。

「なんで?理由は?」

と聞かれるものの、「乗れないの」としか答えられず。

でも、JICAの規定で……とか話さなかったので、なんか私、自転車乗れない人に見なされました。

ま、結果的にあきらめてくれたのでよかった(笑)

 

ナイル川西岸の田舎道をひたすらまっすぐ歩くこと40分

その後も、タクシーがくるわ、くるわ!!

こちらは右車線なので、未知の右側を歩くと、タクシーにひっついてこられるのを少しは防げましたが、それでもUターンしてきた方までおった……

道なりは、こんな感じ。

ルクソール西岸の道

歩道がほとんどないので、子ども連れではおススメしません。

でも、エジプトなのでこんな歩道ないところを歩いていても、エジプト人も歩いてるしで文句は言われない。

日本なら、怒られそうじゃない?

ルクソール西岸のバナナ畑

それにしてもバナナ畑ののんびりおだやかなこと。

 

ルクソール西岸の線路

ルクソール来て初めて、線路も見ました!

 

エジプトのカフェ

なんかかわいいカフェもあったよ。入ればよかったかな、とかちょっと後悔。

 

ルクソール西岸の景色

王家の谷が見えてきた!

ここまでくると、だいぶタクシーの勧誘も減りました。

 

ルクソール西岸の景色

ルクソール、いつもこんな塗ったかのような青い空なんです!

 

途中、勧誘かと思ったら、普通にお菓子の箱運んでる方にナンパ?されて、なんか笑ってしまった(笑)

こっちの人、みーんなすぐに名前聞いてきて、それからfacebookでつながりたいって感じ。

今回もやんわり断れて、よかった。

 

というわけで、歩くのは全然苦になりませんでしたが、タクシーなんかがちょっとやっかいでした(笑)

 

スポンサーリンク

ルクソールの青空に映える!メムノンの巨像

そして、ついに!!

メムノンの巨像!

メムノンの巨像の観光バス

周りは観光バスでいっぱい!

ここ、王家の谷とか、超有名観光スポットの傍だし、無料なので、そりゃ寄るよね。

メムノンの巨像

メムノンの巨像

あれ、奥にもう一体、像があるんですが、あれは何だろう……

あれも、像、だよね?うーん。

 

メムノンの巨像

向かって左の巨像。顔がなーい!

 

メムノンの巨像

右の像。

 

メムノンの巨像

右の像の側面。

 

メムノンの巨像

後ろから。

 

他の観光客のみなさん、5分ほどバスから降りて、すぐに戻っていきました。

そんな中、私は一人、座ってぼんやり眺めてました。

 

帰りは偶然会った隊員の先輩に送っていただく

私の活動地のルクソールには、もう一人隊員の先輩がいて、彼女も私と同じように日本語教師。

でも配属先は違うので、いつも別行動。

たまたま連絡をとっていたら……

なんとまぁ、たまたまこの近くにいるというではありませんか。

日本人観光客の西岸ツアーに、彼女は彼女の生徒さん(ガイド志望)と来ていたのでした。

その日本人観光客の皆様のご厚意で、私までバスに乗せてもらえることに。

東岸まで送っていただきました。

彼らはこれからクルーズに乗ってアスワンを目指すんだとか。

帰り道も歩こうかと思っていたので、感激!

はるか

ありがとうございました!

残りのエジプトの旅も、気を付けて行ってらっしゃいませ!

 

バスの中で、電話越しでなく久々に日本語で話し、なんか感動してた私(笑)

なんにせよ、記念すべきルクソール初観光!、楽しかった(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP