最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

来客は毎日の生活に花を取り入れるきっかけ

ガーベラとヒペリカム


こんにちは。

児童文学作家の嘉成晴香(かなりはるか)です。

花が好きです。

と言っても、ガーデニングをしているとかしたいとかいうわけでも、花の生態や名前などに詳しいわけではありません。

でも、ゆるーく好きなのです。

花には置き場所がいる

花が好きだと言いました。

けれど、今まではあまり買いませんでした。

なぜかって?

買っても、活けて置く場所がなかったのです。

(テーブルの上ぐらい)

それに、子どもがとっても小さかったので、置けるところに置いてもぶつかってひっくり返りそうでした。

でも、最近、引っ越しました!

引越しして1か月が経ちました

部屋が広くなり、何よりキッチンカウンターの角が花にピッタリ!!

それに気づかせてくれたのは、私の誕生日。

32歳の誕生日にもらった花々

家に花があるだけで、ほんとに明るくなっていい!!

 

あると便利な二つの花瓶

ま、当たり前のことを書くんですが、花瓶は2つ種類をもってると便利だな、と。

ブーケなどの花が多いとき用の花瓶

花瓶

私、ちなみに花をいけるセンスはゼロ。

なので、たくさんある花をわけていけたりするのも……難しい。

ということで、この花瓶は重宝します。

 

花が少ないとき用の花瓶

細長い花瓶

花って、もらうときはそこそこの量もらうことが多いですが、自分で買うとなると数本ということも。

そんな時、こういう細い花瓶はいい!!

100均にある「ペットボトル用スポンジ」を使えば、使用後もきれいに洗えます。

 

今度はこんな感じの花瓶もほしいなぁ。

 

花で人をもてなすということ

先日、両親が初めて新居にやってきました。

そこで、うちの坊(4)と前々日に花屋さんへ。

数週間前の私の誕生日のとき、夫と私へのプレゼントとして花を選んでくれたので、すっかり花好きになった坊。

私は近所の花屋さん初めてで、ちょっとドキドキしながら入ると……。

気難しそうなおじさんが一人。

ひやかしかと思ったのかもしれません。

すごく怖い顔。

でも、坊と

「この花かわいいね」

「これもピッタリじゃない」

「あれ、名前なんて言うんだろうね」

などと話していると、見る見るうちにおじさんの顔がほころんでゆく!!!!!!!

そして、そんなに小さくもないのに「小さいから」と言ってまけてくれた(笑)

はるか

ありがとうございました!!

花を持った男の子

花を包んでもらい、スキップする坊。(ちなみに保育園帰り)

ガーベラとヒペリカム

 

来客のイメージに合わせて花を選ぶ喜び

うちの両親が大好きな坊。

ガーベラとヒペリカム

うちの母をイメージした花は、ピンクのガーベラ。

母、ものすごく喜んでました( *´艸`)

ピンクのガーベラ

うちの父をイメージした花は、白のヒペリカム。

ガーベラはオレンジのミニバラと悩んでましたが、この白のヒペリカムは即決でした。

 

私は、人をもてなすのが苦手。

料理も上手にできないし、掃除もするけど苦手だし。

でも、来てくれる人に合わせて花を選ぶのは、案外私が一番されて嬉しいことかもしれないと。

ま、今回は来てくれる人(うちの両親)が花が好きとわかっていたから安心だったな。

(でも、ユリとか、香りが強いものとかは気を付けたほうがいいかもなぁ)

 

生花はいつか枯れてしまうけれど、それでも意外ともつ。

来客の前に花を買って、いけて、もてなして、お客さんが帰ったあともその余韻が楽しめるなんて、すてきだわ。

と思うんですが、どうでしょうか。

もっと、果物を買うように花を買ってみようと思う、今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です