最新作『 HIMAWARI 』発売中!

日本語学校あるある?教室が母語で騒がしくてめげそう

アガパンサス


国内の日本語学校で日本語教師をしている先生なら、一度は経験したことがあるだろうこと。

それは……

クラスが学生のおしゃべり(もちろん日本語ではない)であふれ、あふれ、あふれて、

うるさくにぎやかすぎな教室で、立ち尽くすこと。

苦笑いしているうちは、まだいいのですよ。

このまま帰ってもだれも気付かないんじゃないだろうか?とか思うほどまでいくと、いよいよやばい。

好きな言葉じゃないので極力使わないようにしているけれど、「やばい」

教室がおしゃべりでうるさくなるとどうして悲しくなるか

まず、ここから考えてみよう。

  • 学生のおしゃべりの声が大きくて、他の学生(勉強する気あり)の邪魔になる
  • うるさくて、自分(教師)の声が自分でも聞こえない
  • もちろんしゃべっている学生はその間勉強できていない
  • 日本語ではないので、日本なのに日本の気がしない(国で勉強してもいいのでは?)
  • 授業が滞って今日のカリキュラムが終わらない
  • というか、私の話聞こうよ
  • 「先生かわいそう」という視線を送ってくれる学生が教室に1~2人はいて、申し訳ない
  • というか、勉強しようよ。テストじゃなく、生活のために、さ。
  • せめて全部日本語ならいいのに。母語じゃわからない(主にベトナム語)

 

はい、非常にイライラします。いや、しています。

日本語学校の授業、どんな時に教室が騒がしくなるか考えてみる

これがわかれば、先手をうてるかも!と考えてみました。

  • 配布プリントをしはじめて7分後
  • 授業終了7分前から
  • 私が板書しながらだまっている時の数秒(できるだけ発話しながら書いてますが)
  • 学生に板書させている間
  • ……授業始まってからずっと

 

ん?

そう、クラスによってはね、授業始まってからずっとなの!

なんでそんな話すことある?と思うんですけど。

もちろん、「出席とってるから静かにしてください」という風に注意もします。

担任の先生に注意や話し合いもしてもらいますが……

日本語学校の授業、教師がにぎやかになるのはいつからか?

そういや、「いつ」というより「いつから」か。

静かな時期もあったはず。

そこで、思い起こしてみる。

クラスによってはちがうけれど……

  • 初級「みんなの日本語」20課ぐらい~
  • 初級「みんなの日本語」26課ぐらい~
  • 初級「みんなの日本語」44課ぐらい~
  • 初級「みんなの日本語」が終わって初中級に入ってから~
  • 初中級に入って2週間後くらい~
  • 受験が終わった頃~
  • 卒業2カ月前くらい~

 

うーむ。

たぶん、静かな時に、いかにこのままの姿勢を維持させるか、もっと検討したほうがいいんだろうなぁ。

でも、私は非常勤講師だし、専任であったとしても全ての授業に入るわけでもないし、クラスコントロールはほんとに難しい。



日本語教師はエンターティナーになるべきなのか?

私なりに、いろいろ考えてみるわけです。

勉強のモチベーションまで、学生のことをみるのはなかなか大変だけれど、せっかく日本に来てくれたんだから、できるだけ楽しく勉強してほしい。

それに、しっかり勉強しておけば、基本的な日本語力は身につくはずなんだから、震災なんかがあった時も身を助ける。

そこでね、できるだけ学生の気をひこうと試みるわけです。

はるか

うしろの人じゃなくて、私を見て!!!

とか言ってね。

あ、これ、テストのカンニングがはびこりそうになった時もききます。

 

養成講座の時に、先生からこう言われたんです。

「教師はエンターティナーでなければなりません」

私、ユーモア全くないのにどないしよ。とか思ったものです。

でも、人って追い詰められると何でもしますね。

この前は、踊りました。

いやー、もしうしろに見学の先生がいらっしゃったら無理ですよ(笑)

でも、これはききました。

ものの3秒でこっち見てくれました。

その後、10分はもちました。

10分?と思うでしょ。

じゅうぶんですよ。

10分あれば、いろいろなことが勉強できます。

でも、これきっと、あと数回したら飽きられてしまいますよね。

レパートリー増やすか、他の芸考えるか……。

そこで、思うわけです。

日本語教師はそこまでエンターティナーにならなければならないのか?

一応、エンターテイメントまではいかなくても、レアリアを工夫してみたり、下手なりに絵を描いたり、おもしろい例文準備したり、しています。

きちんと「日本語」を教えられる日本語学校で働くという選択肢

この前友人(日本語教師)に相談すると、

「日本語学校は、そこだけじゃないよ」

と言われました。

ま、わかってるんですけど。

でも、何かがひっかかる。

なんでだろう。

うちの学校は年に4回新入生がやってきて、最長2年勉強します。

そう、たった2年。

しかも、2年まるまる携われる学生は、教員配置の都合で多くはありません。

もちろん、ちゃんとやる気があって、まじめな学生を教えたい気持ちはほんとにあります。

でも、その一番の理由が、「その方が楽だから」なんですよね。

普通は「もっと教師として成長したいから」だろうに、私は「まじめな学生=楽」だと今は考えてしまっています。

これって、ほんとにダメなことです。

そして、思うのです。

私は、私の置かれた場所で、本当に全力を尽くしたか?

学生が「おしゃべりしない時期」から「おしゃべりを始める時期」に以降する瞬間をいつも見逃し、対策を練らなかったからじゃないか?

そもそも、私の授業は、ちゃんと聞く学生は「楽しい・よくわかった」とか言ってくれるけれど、それは彼らの理解力に頼っているからではないか?

クラス全員一人一人によりそうことなんてできないけれど、結局は自分に魅力がないからじゃないか?

と、考えだしたら、置かれた場所でがんばるしかなく、何より……

私は、うちの学校の学生が大好きなのです。

いつか違う学校で教鞭をとることがあっても、現状をもっとよくできる知識や力をつけてからかなぁ。

あー、でも、クラスコントロールほんと大変。

嫌われているわけではないとは思うんですけどねぇ。

 

こちらも参考までに:

日本語学校の学生がちゃんと勉強してくれない時にしたい小ネタ

kanariharuka.com/japaneselanguageschool-cheat/

トップの写真は、学校の近くに咲いていたアガパンサス。

花言葉は、いろいろありますが、その一つは「知的な装い」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です