最新作『 HIMAWARI 』発売中!

日本語教師業あれやこれや【2019年10月】

日本語教師業あれやこれや


こんにちは。
日本語教師をしています、嘉成晴香(かなりはるか)です。

今月の前半は、秋休みとちょっといろいろあって東京へ行っていたので、実際に日本語学校で勤務したのは半月だけでした( ;∀;)

10月からうちの学校では10月生が入ってきまして、クラスが増えました。

それにともない、私はこれまで2クラス(初級と中級)もっていたんですが、3クラスもつことに。

初級が2クラスと、中級が1クラスになりました。

新しいクラスの学生さん、まずは名前を覚えるところから!

このクラスは週に1回だけ入ることになりましたが、それでも、楽しみにしてくれるくらいはりきって授業をしていきたいと思います。

 

さて、今月のツイートを振り返りまーす!

 

日本語教育教育業界を見渡す窓

どうしてこう思ったのかは、また後々報告するとして……

Twitterでいつも日本語教師の皆様がいろいろと教えてくださるおかげで、広く視野を持てるようになったというか、問題意識ももてるようになったというか。

 

東京で、ずっとお会いしたいと思っていた先生方にお会いしましたが

体調がすこぶる悪く、多大なご迷惑をかけましたが、お会いできてよかったです。

また東京へ行く際は、ご連絡したいなと思いました。

 

なぜかいつも真夜中に連絡をくれる元学生

いつもどんなタイミングなんだろう。

まぁいいんだけどさ。

その後、いつもその学生さんが通っている大学のこととか、何度かやりとりしてます。

 



 

10月に日本語学校に新入生が入ってきたために教員配置が変わる

17人のクラス。

一人、ものすごくいろいろとつっこんでくれる学生がいて、とっても楽しい。

日本語教師始めた頃はドキドキしてましたが、最近はこういう風に質問してくれると、嬉しくなる。

 

日本語教師の授業準備は大変だけれど楽しい・未来への投資にも

授業準備、何年もやってるとだんだんと段取りもよくなってきたり効率よくできるようになって、時間は短くなってきました。

でも、ときどき「全然やったことない」文法とか学習項目にあたるんですよね。

そんな時こそ、教師としての成長のチャンス!!

そして、ここできっちりやっておけば、また次回同じところをする時に、大幅な授業準備短縮につなげられるんよね。

 

日本語学校の女性の学生の悩みにすぐ気付く・寄り添える教師になりたい

外国の薬局で薬を買うのって、それだけでも大変ですよね。

どれが効くのかとかもわからないし。

そもそも、薬局のどこにあるのか、探すのも大変。

学生とは、どんな風に店員さんに聞いたらいいかなど、いっしょに練習。

こういうの、ほんとは入学した時のオリエンテーションですべきだなぁ。

 



 

宣教師さんに日本語の個人レッスン開始!

日本語教師って、ほんといろいろ需要あるなぁ(笑)

 

そして、初回終了。

まずはどれぐらいのレベルか会話しながら把握するのがなにげに体力いる。楽しいけど。

 

日本人に日本語教師はどんな仕事をしているかわかってもらうのはためになると思う

あんまり人に興味ない夫に、「よかったら説明しようか?」と言ってみたら、「うん」と即答。

「みんなの日本語」のⅠを開いて、1課~順に説明。(真夜中までかかった)

  • 初級にはどんな語彙があるか
  • 初級にはどんな文法があるか
  • 複雑な気持ちをこめたような表現はまだまだ難しい(「~をしてみてもいいと思う」とかはかなり難しい)

 

とまぁ、なんとなくですが、わかってもらえてよかった。

今度、「みんなの日本語」Ⅱの方も説明してみよう。

 



 

 

若者文化か異国文化か!?

ま、どっちもあるでしょうけれど。

おもしろいアプリとか、アニメとか、だいたい学生に教えてもらうな……

日本文化も、学生に質問されて深く知るきっかけもらったりさ。

 

 

ってなわけで、10月も楽しく授業ができました。

11月は、また後々報告しますが、節目の月となりそうです。

心と力を尽くして、がんばろう!!

12月の日本語能力試験まで、あと1か月ってこともあるし、試験対策もしなきゃ。

どんだけ生活の日本語に密着しつつ対策にも取り入れられるかよねー。

うーむ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です