最新作『 HIMAWARI 』発売中!

青年海外協力隊(短期)に合格してから派遣前訓練までのJICAとのやりとり


こんにちは。

2020年1月から青年海外協力隊(短期)としてエジプトへ派遣されます、嘉成です。

合格通知が来たのが11月1日(金)。

派遣前訓練が2019年の12月2日(月)~6日(金)。

この1カ月のJICAさんとのやりとりを、備忘録として書いておきたいと思います。

 

 

派遣国はウェブ合格発表当日にe-ラーニングから知る

合格は、まずJICA協力隊のページで発表されます。

(「お知らせ」欄から、合格受験番号のページへいけるはず)

でも、この時点では、受かっていてもどの要請になったかはわかりません。

どれになったかは、翌日送られてくる郵送(レターパック)での通知でわかります。

はるか

つまり、合格がわかっても1日待たなきゃならない

けれど、私の場合、ウェブでの合格発表の日に「どの国か」はわかりました。

それは、ウェブでの合格発表の日の夜、「e-ラーニングのお知らせ」がメールで届いたからです。

そのメールに書かれていたのが、私の場合「エジプトアラビア語」でした。

 

私は、第一希望に「ウズベキスタン」を出していて、「エジプト」は第二希望でした。

ということで、もし第一希望に合格していたなら「ウズベキ語」になっていたはず。

ということで、私はウェブでの合格発表の日に、「エジプト」だということがわかったのです。

人によっては、第3希望まで志望していない要請で合格ってこともあるかもしれませんから、e-ラーニングには全然聞きなれない国の名前があるかもしれません(笑)

 

ということで、長期派遣についてはわかりませんが、短期派遣においては、合格がわかったらメールボックスもまめにチェック!です。

 

 

ウェブ合格発表の翌日レターパックで合格通知書がくる

正直なところ、e-ラーニングで「エジプト」とわかり、合格したならてっきりウズベキ語だと思っていた私にはショックでした。

なので、翌日届いた「合格通知」で、はっきりと「エジプト」とわかった時には、

はるか

マジか……

と思いました(笑)

 

とりあえず、他に送られてきた書類をいろいろと見て……

履歴書とか写真とか戸籍抄本とか、必要なものがたくさんあり目を回し……

翌日から準備にとりかかりました。

 

 

合格発表の10日後、メールで派遣日程が決まる

11月11日(月)、夕方のこと。

てっきり電話で連絡がくると思っていたら、メールでした。

2020年1月10日(金)~6月9日(火)の5か月間とのこと。

応募時の要請(仕事内容)では、12月出発だったので、11月に免許の更新やら会いたい人とのアポイントなどをとっていたので、「え?」ってなる(笑)

そして、要請では「6カ月」だったので、これにもビックリ。

ま、長くなるのは家庭の事情で微妙なので、短いのはいいんですけどね。

 



 

合格発表の13日後、フライトスケジュールが決まる

メールでこれも知らされました。

「これでいいですか?」といった感じで。

すぐに「OKです」といった返事をしました。

その後、送った写真に不備があったために、担当の旅行会社から直接電話がきました。

この時期、知らない電話番号から電話がきても、しっかりとりましょう。

 

 

とまぁ、こんな感じです。

さて、あさってから、派遣前訓練へ行ってきます。

まだスーツケースに荷物全部つめてない。

忘れ物がないようにしなきゃなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です