最新作『 HIMAWARI 』発売中!

「の」という題名の絵本がすてき!junaidaさん著!(福音館書店)


こんにちは。

児童文学作家の嘉成晴香です。

先日、すてきな絵本と出会いまして。

それが、この絵本です。

 

 

 

junaida(ジュナイダ)さんの「の」という絵本はどんな絵本か

もうね、一目ぼれでした。

絵本は絵本でも、「絵」本というか、なんというか。

今どこに自分がいて、どれぐらい小さいのか、どれぐらい大きいのかわかんなくなる、不思議な絵本です。

宇宙の真ん中にいるのか、もしくは外から見ているのか、どっちが上なのか下なのか、わかんなくなります。

読むとね、頭の中がぐーるぐるするの。

でも、絵を見てるとクスっと笑っちゃうというか、癒されるというか。

たぶん、文字にしても何も伝えられない。

何言ってんの?って感じでしょうから、とりあえず、こちらの作者であるjunaidaさんのサイトをご覧ください。

絵本の冒頭を少しだけ読むことができます。

もう、3ページ目にして、

はるか

え!!!!?????

ってなります。

 

とっても、とっても楽しい絵本です。

対象は小学校低学年からだとか。

でも、けっこう大人のほうがはまりそう。

「の」という絵本、版元の福音館書店さんのウェブサイトからも探しにくい(笑)

試しに検索してみてほしいんです。

「の 絵本」

で検索しても、なかなかこの本は見つかりません(笑)

福音館書店さんのウェブサイトで検索しても、なかなかサッとはみつかりません。

「の 福音館書店」

で、やっと上からいくつか目に出てきます。(2019年11月現在)

一番かんたんなのは、junaida(ジュナイダ)さんの名前から検索!

 

ということで、ご興味ある方は、すぐに覚えましょう。ジュナイダさん!

私は店頭でこの絵本と初めて出会い、家に帰ってから買おうと思って……

はるか

J……なんだっけ。お名前、なんだっけー!!

って、ネット上でこの「の」の絵本と再会するまでだいぶ時間がかかりました……

 

 

 

そうそう、私は日本語教師をしていまして、この「の」は、

はるか

名詞と名刺の間が「の」だよ!

と学生に教えております。

他の語彙が初級ではないので難しいですが、いつか教材にも使いたい!とか思ってしまった。

 

それにしても、不思議な本。

みなさまも、是非!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です