最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

旧堺燈台の1階内部が一般公開・ライトアップもされるらしいので行きたい!!【2019年7月】

旧堺燈台と堺観光ボランティアガイドさん


先日「「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が世界文化遺産に登録されましたね!

私は大学時代、この新しい世界遺産のある「堺」のまちあるき観光について卒論を書いたほど堺が大好き。

2019年7月15日(祝:海の日)、午後3時~午後7時1階内部が公開されるとのこと!!(初公開ではないですが)

  • 階上には登れないようです( ;∀;)
  • 見学料は無料
  • 予約不要
  • 雨天決行

とのことです。(堺市のウェブサイトより)

これは……

はるか

行かなくては!!

また、旧堺燈台がライトアップもされるそうです!!

令和元年7月15日(月)~9月30日(金)

日没~午後10時

とのこと。

涼みがてらに行ってもいいかもー(*´▽`*)

堺の魅力はいずれお話しますが、今日は「旧堺燈台」についてお話します!

旧堺燈台はインスタ映えしそう?な燈台らしい燈台

さて、大阪の方でもご存知ない方も多いと思いますので、旧堺燈台のかんたんな概要を。

旧堺燈台は現存する日本最古の木造洋式灯台!

旧堺燈台

写真のように、かわいい形です。

夕暮れとか、もっとすてき。

堺は、室町時代・戦国時代、「東洋のベニス」と呼ばれるほどに国内外の貿易に大変重要な場所でした。

「南蛮貿易」って言葉、今も教科書にあるのかな。

そう、ここは教科書にも出てくるような歴史的なところなのです。

旧堺燈台は、高さ11.3mとそんなに高くはありませんが、抱きしめたくなるようなフォルムで私は大好きです。

旧堺燈台は南海堺駅から徒歩15分!

さて、どこにあるかというと、南海堺駅から1.2キロくらいのところにあります。(徒歩15分ぐらい?)

南海堺駅というと、難波から約15分ぐらいのところ。

真夏は道中影がないので、熱中症に気を付けてください!!

トイレも、駅で行っといてください。

堺駅の1階に、レンタサイクルもあるので、これを利用するのもおすすめ。

1回300円です。でも、貸出時間は16時半までなので気を付けましょう。

旧堺燈台ですが、堺駅前にあるこの↓赤いフェニックス像の方向じゃありません。

フェニックス像の方は、阪堺線のある方角です。

旧堺燈台は、反対側です。駅の横に沿って歩いていきましょう。

旧堺燈台までの道中ですが、南海駅の横の橋に立ってる、南蛮人像も要チェックです!

南蛮人像

けっこう背が高いです。

海を背にして、堺の街を眺めています。

初めて見た時、びっくりしたなぁ……だれ!?って(笑)

堺の南蛮人像

 

ちなみに私と夫の初デートが旧堺燈台でした(笑)

結婚前に夫と約束した3つのこと

秋だったので、暑くもなく、寒くもなく、のんびり歩きながら話せてよかったです。

もう10年くらい前の話だなぁ。

旧堺燈台の一般公開とライトアップ、4歳の息子も楽しめるかな。

それはまた、レポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です