最新作『 HIMAWARI 』発売中!

嘉成晴香の作品一覧


こんにちは。
嘉成晴香(かなりはるか)です。

プロフィールはこちらからどうぞ
⇒「嘉成晴香のプロフィール」

ここでは、これまで出していただいた本、いただいた賞などをご紹介します!

少しずつですが、増えてきてとっても嬉しい。

はるか

本は、我が子のような存在です。

たくさんの方々の手によって導かれ、支えられ、助けられて世に出ました。

感想など、いただけましたら嬉しいです。

スポンサーリンク

ちなみに「児童文学」とは

「子どもから読める物語」のことです。

「子どもが読むもの」と思ってらっしゃる方も多いでしょうけれど、

  • 活字(読書)が苦手な方
  • 心が疲れている方
  • 癒されたい方
  • 子どもの頃を思い出したい方
ぜひ、読んでみてください。

大人の方でしたら、まずは子どもの頃読んだ本を読み返してみるといいかもしれません。

本の中と自分の中に大きな発見をするはず。

 

嘉成晴香の創作の歩み(拙著)

私の拙著・受賞歴です。

会いたくなったらいつでも会える

2002年7月

私が中学3年生の時に出版した「詩集」です。私の原点です。
今では絶版になっており、ネット通販でもなかなか手に入りません。
うちにまだ何冊かありますので、もしご希望ならお譲りします。遠慮なく、ご連絡ください!

 

和歌山県主催「人権の詩」コンクール 知事賞受賞作「静かなおしゃべり」

2010年11月

はるか

授賞式で、詩を朗読せねばならず、母といっしょに練習しました(笑)

 

​​​​​​​和歌山県主催「人権の詩」コンクール 理事長賞作「ご近所さん」

2011年11月

2年連続、同じコンクールで賞をいただけて嬉しかったです。

1回目は旧姓、2回目は結婚後(入籍後)だったので今の名前でいただきました。

 

星空点呼 折りたたみ傘を探して(朝日学生新聞社)

2013年3月

第4回朝日学生新聞社児童文学賞 受賞

はるか

この時も、受賞のスピーチが一番緊張しました。ビデオ撮っていただいたんだけど、恥ずかしくてもう見られない……とっても桜がきれいな時期で、祝福してくれているようで嬉しかったな。今でも授賞式前日の夜桜を、編集者さんと「きれいだったね」と話します。

挿絵:柴田純与先生

はるか

7~9月、朝日小学生新聞で全90回連載しました。

そして2013年11月に念願の出版

 

2014年4月

第43回児童文芸新人賞受賞(日本児童文芸家協会主催)

はるか

児童文芸家協会会員になりました。
以来、季刊誌「児童文芸」に、ときどき載せていただいています。一番の楽しみは、京都で開催される、秋の「童話塾in関西」

 

セカイヲカエル(朝日学生新聞社)

はるか

1~3月、朝日小学生新聞で全87回連載しました。

新聞連載は2回目。私立中学校の入試の問題としても採用していただきました!

パスラさん

2016年7月に出版

 

流れ星キャンプ(あかね書房)

2016年10月

はるか

第29回読書感想画中央コンクール「高学年の部」の指定図書に選ばれました!
2018年「先生のすすめる夏休みすいせん図書」にも選定されています。

パスラさん

 

夢見る横顔(PHP研究所)

2018年2月

初めてのソフトカバーです!!

PHP研究所さんの新しいレーベル「カラフルノベル」の第一弾にしていただきました!

パスラさん

 

わたしのチョコレートフレンズ(朝日学生新聞社)

2018年6月

これで、朝日学生新聞社さんから、『星空点呼』、『セカイヲカエル』につづく、「いじめをめぐる三部作」がそろいました!

 

  • 星空点呼:いじめられる側
  • セカイヲカエル:いじめる側
  • わたしのチョコレートフレンズ:傍観者側

 

となっております。

 

日語最強相関用語(台湾の出版社さん)

2018年10月

台湾の出版社から発売された、日本語の言葉の本です。

著者は王可楽先生と原田千春先生。

はるか

私は中の「会話表現」を執筆させていただきました。

日本語の単語帳

 

HIMAWARI(あかね書房)

2019年6月

はるか

私史上一番のファンタジーというか、でもノンフィクションであってほしいというか、そんな作品です。

 

はじめての日本語能力試験『合格模試』シリーズ 作問協力(アスク出版)

2019~2020年

日本語能力試験の模試シリーズの作問協力をさせていただきました。

巻末に名前を載せてもらっております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP