最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

32歳の誕生日にもらった花々

オレンジとピンクのガーベラ


4月9日の昨日、私の32回目の誕生日でした。

朝起きるとスマホの画面に「4月9日」とあり、当たり前ですが

はるか

誕生日って年に一回なんだなぁ。

とか変なこと考えたりしながらの誕生日がスタート。

勤務先の日本語学校近くの桜

毎年、4月9日は、桜が満開の頃。

今年も例に漏れず「春」が桜をプレゼントしてくれました。

桜と緑の木

写真は、昨日は勤務先の日本語学校の近くの桜。

青空に桜って、ほんと映えるよね。

近年インスタグラム(やってないけど)から出たとか聞いたことある言葉に、「映え(ばえ?)」ってのがあるそうですが、青い空に美しい桜こそ、心に青春を思い起こさせるような究極の「映え」なんじゃないかと私は思っております。

日本語学校では、言うつもりなかったんですけどタイムリーにそういう話題になり、学生さんが「おめでとうございます」と言って祝ってくれたり、facebookの方にメッセージをくれたりしました。

 

友人がわざわざ家の近くに来て花束をくれた!

仕事から家に帰ってひと息ついていると、自分の親くらいの年の友人から連絡が。

「近くにいるから出てこれない?」

ということで、一杯やってるという最寄り駅近くのお店へ行くと、友人とご主人がいらっしゃいました。

そして、もらったのがこれ。

赤い花束

かわいい花束!!

ちょっと時間があったのでお邪魔して、一杯ごちそうに。

ご主人とははじめましてでしたが、とってもおもしろい方でもっとお話聞きたかったなぁ。

近くまで来たからとか言ってくれたけど、こうしてわざわざ足を延ばしてくれて感激。

 

夫と子ども(3歳)からはガーベラのプレゼント

家に帰ると、保育園のお迎えに行ってくれた夫と子ども(3歳)が帰ってました。

そして、くれたのがこれ。

オレンジとピンクのガーベラ

オレンジとピンクのガーベラ。

私の好きな花。

そんなこと言ったことなかったのに、坊が選んでくれたとのこと。

「お花屋さんしまってたからちがうとこ行った」

と、坊。

なんでも、近くの花屋さんの閉店時間が早かったとかで(まだ引っ越してきてばかりなので周りのことがまだわかんない)、違うお店を探したとのこと。

坊にとっては、おそらく人生初めてのプレゼント選び。

それを想像すると、なんとも嬉しい気持ちになりました。

ピンクのガーベラの花言葉は「感謝」、オレンジは「冒険心」だそう。

花って、気持ちを込めるのにぴったりだなぁ。

 

花はプレゼントするのもされるのも好き

「花なんてもらってもなぁ」

と思われる方も多いそうですが、私は大好き。

いつか枯れてしまうからこそ、元気なうちは楽しみたいなって思う。

また、私のように思ってくれたらなとか思うので、自己満足ですが花を贈るのも好き。

花以外に適したプレゼントがあればそれにしますが、何も思いつかなかったら花束。

私が今までもらったのは、本を出版したり、児童文学の賞をもらった時。

あとは夫から母の日にもらった(笑)

はるか

というわけで、しょっちゅうあるわけでもないのよね。

誕生日にもらったのは初めてかも。嬉しいな。

贈る時は、よくインターネットから注文します。



贈る相手のイメージから、花の種類や色を考えるんです。

花と言えば高いと思われるかもしれませんが、1000円くらいでもボリュームがあってかわいいフラワーアレンジメントギフトがあったりします。

どんな花束になったか、送る前に写真にとって見せてくれる会社もありますよ(*’ω’*)

 

私はこの前、友人の受賞祝いに贈りました。

私もそうだったんですが、嬉しいことがあった時、花はそれを実感させてくれる作用があるんですよね。

「嬉しくて夢みたい!」から、「嬉しい!夢じゃない!」みたいな。

一人暮らしとかだったら、もしかして花瓶がなかったりするかもしれないので、花束より花籠とか、そのまま置けるものがいいかな、なんて思います!(^^)!

 

というわけで、花に囲まれたすてきな誕生日になりました。

今日は大阪は雨。

保育園へは坊と傘をさして歩いて行きました。

その途中、桜がきれいなところがあるんです。

雨の中、燃えるように咲いてました。

青い空の下の桜が「映える」なんて書きましたが、桜って雨の中でも美しいな。

じっとこっちを見ているような雰囲気もある。

 

新しい一年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お花について、こんな記事も書きました。

来客は毎日の生活に花を取り入れるきっかけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です