最新作『 HIMAWARI 』発売中!

うっかりペネロペのあみぐるみ(かぎ針)をオリジナルで作ったよ(かんたんな作り方も紹介)

ペネロペのあみぐるみ


こんにちは。

4歳の息子は、ペネロペが大好き。

 

ペネロペは、フランス在住?のコアラの女の子。

両親と双子の弟・妹と暮らしています。

作者は、「リサとガスパール」シリーズでも有名なアン・グットマン、ゲオルク・ハレンスレーベン夫妻。

かぎ針で作ったあみぐるみのリサとガスパール

 

ちなみに、これはずーっと前に作ったリサとガスパールのあみぐるみ。

今回、ペネロペのあみぐるみに挑戦しました!

あみぐるみ中級者向けの説明になりますが、かんたんに作り方を説明しようと思います。

なんせオリジナルなもので、目の数とか定まってないというか。

わからないところがあれば、ぜひ遠慮なくお知らせください!

ペネロペのあみぐるみの材料

できあがりのペネロペは、身長約18センチ。

お好みでもっと大きくしたり小さくしたりしてみてください。

それでは、材料・用具。(全て100均)

  • 青い糸(ペネロペの顔と体用。お好きな太さで。私は細いものを選びました。2玉くらい)
  • 白い糸(ペネロペの耳とお腹のポケット用。1玉)
  • 赤い糸(ペネロペの鼻。適量)
  • 黒い糸(ペネロペの目)
  • かぎ針編み(中に綿をつめるので、適した号数より一つ小さい号数のかぎ針がおすすめ)
  • 綿(適量。思ったよりたくさんいりました)
  • とじ針(これで、目、鼻、ポケットをぬいつけました)

 

もし、家に上記のものが一つもなくとも、100均で買えば800円!!(^^)/

私はダイソーの「レースヤーン(太)」というのを使いました。

かぎ針の号数は、糸(毛糸)のパッケージに適した号数が書いてあると思いますよ。

もし「3~5号」とか書いてあれば、3号のかぎ針がおススメです。

編み方がわからない場合は、フェリシモさんのページの編み方の説明がわかりやすいです!(動画)

ペネロペのあみぐるみの作り方(編み方)

あみぐるみは、いろんな作り方があると思いますが、私はいつも、ほとんどのパーツ(顔、体、手足など)を独立して作り、縫い付けるのではなく、1本の糸で編み付けています。

ペネロペの体

わかるでしょうか。

手足が胴体に「縫い付ける」でなく、「編み付けて」あるのを。

さて、それでは最初から作り方を見ていきましょう!

ペネロペの顔の作り方

あみぐるみの顔

まずは、顔。

写真写りが悪くてすみません。電灯の都合でグレーに見えますが、青い糸です。

 

  1. 作りたいペネロペの大きさによるんですが、私はまず、くさり編みを7目。
  2. 1のくさり編みの周りを、ぐるぐると、細編みで編んでいきます。両端が丸くなるように、増し目もしてください。(一つの目に、2目入れること)
  3. そのまま、作りたいペネロペの顔の大きさまで、ひきつづき編みます。これでペネロペの顔面はできあがり。(この時点では、楕円形のマットみたに平たい)
  4. その後、顔の側面を編んでいきます。増し目はやめ、ただぐるぐるとくさり編み。耳をつけるあたりまで編んだら、ひとまず終わり。後頭部は、胴体と顔をくっつける時に最後に編んでいきます。

ペネロペの足の作り方

あみぐるみの足

お次は、足。当たり前ですが、同じものを二つ作ります。

  1. まず、帽子を作る時と同じ要領で、くるくると人差し指に巻き付けた輪に、8目、細編み。
  2. 2段目は、細編み2目ずつ、全ての目に編んでいきます。立ち上がりの目にも1目入れるのを忘れずに。
  3. 3段目は、立ち上がりに1目増し目。そして、2目は普通に細編み、次の1目に2目。これを繰り返します。足の裏のできあがり。
  4. 4段目以降は、延々と細編み。増し目なし。好みの足の長さまで編みます。最後はしぼったりとじたりせず、その場で糸始末を。
  5. 足をもう一本作ります。
  6. 2本の足を、写真のようにくっつけます。足と足の間は、くさり編み2目でおまた部分を作っています。ここは、そのまま足と足をくっつけてもいいかな。
  7. そのまま、2本の足を「∞」状に細編みで編んでいきます。
  8. 綿を、足の先までしっかり詰めます。(ちょっと多いかな、ぐらい)

ペネロペの胴体の作り方

ペネロペの体

  1. 2本の足をくっつけたら、そのままぐるぐると、ひたすら細編み。
  2. 特別減らし目しなくても、写真みたいに胸の辺りが細くなりました(笑)後で腕をつけるので、首までは編まず、胸(わき)の辺りまでで止めておきます。
  3. 足の関節まで、しっかり綿を詰めます。



ペネロペの腕の作り方

ペネロペ

お次は腕。これも同じように2本作ります。

足は、最初の目が8目でしたが、腕は足より細くしたので6目から始めました。

今思えば、同じ8目でもかわいかったかな、とかも思います。

後は、足と作り方は同じです。

2本の腕は、胴体に取り付けます。

少しずつ減らし目(2目を1目にする)しつつ、首まで編みます。

手の先までしっかり綿を詰め、胴体は完成!

 

ペネロペのポケットの作り方

ペネロペのポケット

ペネロペは、コアラ。

なので、ポケットを付けます。白い糸を使います。

胴体を作ってから、その大きさに合わせて編むのが吉です。

  1. 私のペネロペの場合ですが、まずくさり編みを4目。
  2. 2段目、全てくさり編み。
  3. はしで2目増し目をし、反対側も同じようにくさり編み。(この時、できるだけ編み目の隙間ができないように気を付けます)
  4. 次は、顔の時のようにグルグル編まず、立ち上がり1目を編んで、折り返します。はしで、また丸さをつけるために増し目。
  5. これを繰り返し、ちょうどいい大きさまで編みます。半円になっているでしょうか?
  6. 最後に、半円の直線部分(ポケットの入り口部分)を引き抜き編みで編んでいきます。細編みでもいいのですが、それだときれいな形にならないことも。様子見ながらお願いします。
  7. 最後、余裕をみて30センチ以上糸をあまらせてから終わります。
  8. 7の糸で、ポケットを体に縫い付けます。(綿を入れてからを推奨。おまたの少し上あたりがいいと思います。あんまり位置が高いと変な感じ)

 

ペネロペの耳の作り方

ペネロペの耳

それでは、ペネロペの耳の作り方を。

白い糸を使います。

私はペネロペ完成後、「もっと大きくてもよかったな」とか思ったので、参考になるかわかりませんが……

  1. 輪に細編みを6目から始めます。
  2. 2目ずつ、全ての目に。これが2段目。
  3. 3・4段目は「細編み2目、1目に2目」を繰り返します。
  4. もし、もっと大きい耳にしたければ、5段目や6段目も3と同じ要領で。
  5. その後は、いい感じの大きさになるまで、ひたすら増し目なしで細編み。
  6. 目安でいうと、写真のように耳らしく平たくした時、入り口が直線になっていること。
  7. これを、耳なので2枚作ります。
  8. 耳は、後頭部を編むときにいっしょに編み付けます。(後から付けません)

 

ペネロペの後頭部の作り方

ペネロペ

顔と胴体、耳をくっつけます。

イメージ的には、顔の周りを細編みだけでぐるりと編んでいく際に、胴体と耳を編みこんでいく感じ。

耳の位置、難しい……。

胴体をくっつける時、私は失敗したのでちょっと首をかしげた感じになりましたが、これも愛嬌でいいか(笑)

ペネロペの後ろ姿

  1. 耳と胴体がくっついてからも、そのまま減らし目をせず、2段くらい編みます。この時、先に鼻や目をくっつけた方が……と思われるかもしれませんが、綿を入れて立体的にすると表情変わってしまうので、個人的には綿を詰めてから目と鼻をつけることをおすすめします。
  2. 横から後頭部と顔面のバランスを見ながら編んでいきます。私は、耳をはさんで顔面と後頭部がだいたい同じ高さ(幅?)になるようにしました。
  3. そろそろ高さ(後頭部の奥行?)がいらないなと思ったら、5目に1回減らし目。これを延々と編みます。
  4. 最後、親指くらいの穴になったら、綿を詰めます。顔の形はキャラクターの命なので、正面からバランスを整えながら入れましょう。ちょっと多めにね。首のあたりは、入れすぎると変になります(首ができてしまう)。
  5. 綿を詰めたら、最後は減らし目だけで穴を閉じます。

 

ペネロペの高等部

のっぺらぼうペネロペ、完成!(笑)



 

ペネロペの鼻の作り方

ペネロペの鼻

鼻は、ペネロペにとって最重要なパーツ。

大きさで顔の雰囲気はだいぶ変わります。

なので、最後に作って縫い付ける方が失敗は少ないように思います。

私のペネロペの場合ですが……

赤い糸を使います。

  1. 輪に、細編みを6目。
  2. 2段目は2目ずつ増し目。
  3. 3段目は、「細編みを2目、1目に2目」を繰り返し。
  4. 4段目も同様に。
  5. 顔に合わせて見て、大きすぎたり小さすぎたりしないか確認。(ペネロペはコアラなので、鼻は大きめ)
  6. 長めに糸をあまらせて、閉じます。
  7. 6の糸で、顔に鼻を縫い付けます。(顔の半分より下の位置がおすすめ)

 

ペネロペの鼻

こんな感じの位置?

ペネロペの目の付け方

ペネロペのあみぐるみ(かぎ針)

黒い糸を使います。

2本取りで、好みの位置にぬいつけます。

うーん、なんか寂しげになってしまった……

もう少し愛らしい位置があったかなぁ。

なにはともあれ、完成!!

ペネロペとポニー

うちのお馬さん(ポニー)に乗せてみました。

ポニー:重いー(>_<)

ペネロペと馬

おりました(笑)

この馬のぬいぐるみについては、こちら:

馬のぬいぐるみを手作り!フェイクレザーで作ってみました

ペネロペのあみぐるみ作りで大変だったところ

ペネロペは、とにかく「顔」と「体」と「耳」と「鼻」と「目」のバランスが難しい!!!

鼻の形なんて、絵本によって丸かったり横に楕円形だったり……

耳も顔の1/4の大きさだったり、けっこう小さかったり……

ただのクマに見えないようにぶかっこうにならないように注意したつもりですが……。

もう、ずっとアニメや絵本とにらめっこ。

オリジナルだと、こういうとき難しいのよねー。

それに、中の綿が出ないように、少しきつめに編んだので、久々に指が痛い(笑)

とりあえず、子どもは大喜びしてくれたのでよかったです。

もう、次はドゥドゥ作ってと言ってますが( ゚Д゚)

ドゥドゥとは、ペネロペのお気に入りの青いぬいぐるみのこと。

ま、青い糸残ってるしなぁ……

でも、ペネロペと同じくらいの大きさで作ってしまいそう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です