最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

嘉成晴香のプロフィール

リボン 女の子 イラスト 箱


こんにちは。はじめまして。嘉成晴香と申します。

よく「きせい」とか「よしなり」と読まれますが、読み方は「かなり」です。ちょっとめずらしい姓ですよね。母の旧姓なんです。

 

さて、それでは自己紹介します。私はこんなことをしている者です。

 

誕生日:1987年4月9日

血液型:A型(最近全然Aと思われない)

出身:生まれも育ちも和歌山県和歌山市(今は大阪に住んでいます)

家族:夫と息子の3人家族

趣味:編み物(かぎ針)

おままごとのお弁当セット

写真は、(当時)3歳の息子のために作ったおままごと(お弁当)セット。

ほかには、読むこと・観ることが大好きです。漫画でも、小説でも、アニメでも映画でも。

好きな食べ物:アイスクリーム、お赤飯、クロワッサン など

あんまり好きじゃない食べ物:ミニトマト(大きいトマトはそこそこ食べられる)

敬愛している方:

  • 与謝野晶子(歌人)
  • アン・シャーリー(『赤毛のアン』より)
  • ヘンリー杉本(日系アメリカ人の画家:第二次世界大戦における日系人の強制収容所でも描き続けた画家)

 

嘉成晴香の主な作品

星空点呼 折りたたみ傘を探して』(朝日学生出版社)
私のデビュー作です。
第4回 朝日学生新聞社児童文学賞 受賞
第43回 児童文芸新人賞 受賞
2013年7~9月 朝日小学生新聞で連載

流れ星キャンプ (スプラッシュ・ストーリーズ)』(あかね書房)
第29回 読書感想画コンクール 高学年の部 指定図書
2018年「先生のすすめる夏休みすいせん図書」選定

他にも、

  • 『セカイヲカエル』(朝日学生新聞社さん)
  • 『夢見る横顔』(PHP研究所さん)
  • 『わたしのチョコレートフレンズ』(朝日学生新聞社さん)
  • 『HIMAWARI』(あかね書房さん)

があります。

⇒これまでの作品はこちらからどうぞ

 

いつも心がけているのは、誠実であること。

はるか

与えられた環境をいかに楽しむか、それが人間の魅せどころ!

◆お仕事のご依頼、いただけましたら幸いです。

      • 創作(短編~長編まで)
      • 講演(子ども~大人まで)
      • 日本語教育教材(アイテムライター、読解・聴解・会話のテキスト、など)
      • 読書推進活動

 

 

どうしてブログを始めたか

私の仕事、児童文学作家も日本語教師も、まだまだマイナーな仕事だと思います。
なので、そんなに情報はありません。
「なり方」などの方法は溢れていますが、現役で働く人はどんな風に働いているか、どんな生活をどんな想いでしているか。
そんな感じのことは、あまりないように思います。

まずは、私は私が仕事を始まる前に知りたかったことを書いていきます。
私にとってはもう「当たり前」が、デビュー前はそうではなかったこと、今でも覚えていますから。

それから、仕事についての日々のことも書いていけたらと思います。

私は、私の仕事を愛しています。できれば他の方にもそれを知って、志望している方がいるなら成し遂げてほしい。
情報不足という理由であきらめてほしくはありません。

このブログが、児童文学作家や日本語教師を目指す方の活力に、参考になれば幸いです。
とは言っても、どちらの仕事もとても自由度が高い職業。なので、ぜひ「一例」としてお考えください。

私は私の経験や知識を、惜しみなくこのブログに書いていくつもりです。
質問等があれば、いつでもおっしゃってください。

 

どうしてブログ名を「星空迷路」にしたか

デビュー作「星空点呼」からとりました。
主人公たちが星空の下、点呼をとるという大切なシーンがあるんです。

私達は、とてもとても小さな者。
どんなに星が多くても、実際は遠く離れているから、夜空はごちゃごちゃとすることはなく、迷路になりようはないですよね。でも、私はいつも、そんな広い広い場所で、勝手に迷路をつくり、迷子になっている感じです。

あるようで、ほんとはない迷路。
そこから抜け出したい!
そんな想いから、つけました。

また、このブログの文章、及び私が撮影した写真は無断で使用・転載しないでいただきたく、よろしくお願いいたします。

 

Hello.I’m Haruka Kanari.

I live in Japan,Osaka with husband and child.I’m writer for children. And I am teaching Japanese to foreigners.
I started this blog to record my lovely work and family.​I’d like to write advice for people who would like to be a writer and about my books.
My dream is to make friends with people around the world through stories.
Someday, I hope to write books that will be translated into countries all over the world.
The imagination is great. I’m thinking imagination will save the world.
I think that only imagination can think of the other person. Even if it is a person who has never met, it may be someone who might become a friend someday. It may be someone who guards someone who is important. I believe in the power of imagination.
Nice to meet you.I hope you enjoy this blog.
Thanks a lot from Japan.
Haruka Kanari