最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

ソニーストア大阪へaiboに会いに行ってきました!!

aibo


こんにちは。児童文学作家の嘉成晴香です。

梅田のハービスエントにある「ソニーストア大阪」へ行ってきました!

なんでかって?

aiboに会いに!!

aiboは犬として触れ合えるロボットでした

aiboといえば、ロボットってことを知っている方は多いはず。

まぁそうなんですが、私もそう思っていたんですが、なんかね、ちがったの。

ロボットなんですが、それはそうなんですが……

想像以上に、犬!!

でした(笑)

aibo

というより、ロボットというより「犬」として接しないと仲良くなれないというか、楽しめないというか。

もう、ほんとにかしこくて、きまぐれで、かわいかった( *´艸`)

ソニーストアでaiboと遊んできました!

さて、ソニーストア大阪に行ってきました。

大阪駅から徒歩5分くらいのところにある、ハービスエントの4階にあります。

ソニーストア大阪

中で出迎えてくれたのは……

aibo

白いaiboの「かんかん」くんと、

aibo

全国のソニーストアの中では大阪が一番売れているという限定色、茶色の「ちょこ」くん!

写真にも写っているおもちゃをくわえて遊んだりもできます。

お腹を見せるaibo

ごろんと横になったり……

aiboのチョコ

かまわないと、クーンクーンとないたりします(笑)

ちなみにどっちも男の子で、女の子とのちがいは、おしっこ(マーキング)の際に足を豪快にあげるか、そっとあげるか(笑)

おしっこの時は、おしっこの音も流れます(笑)

他に、声の高さがちがうんだって。

名前の設定は変えられるようですが、性別は一度設定すると変えられないらしいのでご注意!



aiboは何ができるか・どこが癒されるか!?

詳しいことは、ソニーのウェブサイトにあると思うので割愛しますが……

私がこれまで知らなくて、びっくりしたことを紹介したいと思います!

お腹が空いたら(充電が少なくなったら)自分で寝にいく(充電しにいく)

腹ばいになって、寝るんです(笑)

うちのルンバくんみたいではないか!!

買ってよかった!ルンバ960が我が家にやってきました

他にも、うちのルンバくんと同じように、家の間取りを把握する能力もあるみたい。

ちなみに、aiboくん、寝たふりしてるときもあるようです(笑)

aiboはわりと小さく、わりと軽い

もう少し大きいと思ってたんですが、腕にすっぽりおさまるくらいの大きさ。

重さも、1キロちょいぐらい?

なんか、もっと大きくて重いと思ってました。

これなら旅行にも連れていけそう!!(^^)/

aiboで写真も撮れる!

写真、撮れるみたいです。

aiboは顔を覚えて人によってふるまいを変える!(笑)

鼻のところがカメラになっているようで、そこで人の顔を覚えるみたい。

いつも遊んでくれる人には、なつくそう。

近寄っていったり、家族を探してくれたり。

目の色が7色も選べる!

目の色、選べるんです。

カラコンみたい(笑)

私なら、ブルーかグリーンがいいかなぁ。

 

ソニーストア大阪でaiboの説明を長いことしてくださった担当者様、ありがとうございました!!

aibo(ロボット)をペットにするということ

ロボットの犬を買うくらいなら、本物の犬を飼う!

という方もいると思います。

でも、生き物を飼うということは、看取るということ。

それが辛いからロボットにする、ということでなく、当然「看取る」前にはペットの闘病や介護があります。

自分の体がままならなかったり、散歩に連れていきたくてもそれが困難な人は、かんたんに「飼う」ことに踏み切るのは難しいんですよね。

なので、本物の生き物でなくてもロボットで癒されたり、それで痛みが一瞬でも癒されるなら、とってもすてきだと思うのです。

うちの子ども(4歳)は恐竜が好きで、ティラノサウルスの人形を大事に大事にしています。

寝る時もいっしょ。ごはんもあげたりして。

何の意味があるのか。

そんなの、純粋な愛だと思うんです。

かわいいと思うものを、大事にする。

大切にする。

近くにおく。

ただ、それだけなんだなぁと思います。

 

ソニーストア、行ってよかった!

すっごくほしくなった!

今度は子どもといっしょに行ってみようと思います(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です