最新作『 人魚の夏 』予約受付中!

奄美大島で子どもとのんびり旅行してきました!

奄美大島


こんにちは。

GOTOトラベルが停止する前の昨年12月に、子ども(5歳)と奄美大島に行ってきました!

二泊三日でしたが、まだまだ足りなかったー!

泊まったのは、2泊とも「奄美サンプラザホテル」です。

いろいろと周りましたが、そこからピックアップしてご紹介。

今日はそんな話。

スポンサーリンク

子ども(5歳)にとって初めての飛行機!JALの飛行機のおもちゃももらえて大喜び!

初飛行機

大阪の伊丹空港から奄美大島までは、飛行機で1時間半。

うちの坊(5歳)にとっては、初めての飛行機でした。

直前にテレビで飛行機事故の番組を目にしてしまい、あんなに楽しみにしていたのに「こわい」と言っていましたが、

はるか

車でも電車でも、事故起こる時は起こるもんだよ

と言ってなんとか空港へ。

乗る間際は、もうケロッとしてテンションものすごく高かったです(笑)

私が気圧のせいで耳が痛くなる方なので心配していたのですが、耳抜きの方法を教えると、何度か「いたい」と言ってましたが、何とかなりました。

耳抜き:鼻と口をしっかり閉じて、その状態で鼻をかむようにいっきに体内の空気を外に出す。

パスラさん

上空から、どんどん町が小さくなっていく様子を、興味深げに見てました。

そして、初めて「雲が真横」という体験をし、不思議がってました。

機内では、リンゴジュースをもらいました。

そして、おもちゃも。

3種類(靴下・キーホルダー・これ↓)から選ばせてもらい、迷わずこの飛行機をゲット!

JALの飛行機のおもちゃ2020

組み立ててあげると、着陸するまでずっと遊んでました。

東京オリンピック2020仕様のものだし、いい記念になったなぁ。

東洋のガラパゴス・奄美!街路樹もちがうし空気もきれい!

奄美大島

東洋のガラパゴスとも呼ばれる奄美諸島は、独自の自然と文化を備えた魅惑的なところ。

奄美大島に着いて……大阪は寒かったので、あったかーい!

この時期(12月)は、毎日雨っぽいらしいのですが、たまたま?晴れていて、雲間から澄み切った空が見えました。

奄美大島

街路樹も、「南の島だ!」と思わせてくれます!

空気もきれいだし、なんだか時間もゆっくり流れてる気がする。

奄美大島の海は眺めているだけでも癒される!かわいい貝やサンゴがたくさんとれる!

奄美大島

海がね、とてもきれい。

そして、すいてる。

もし沖縄に海を目的に行くなら、奄美に変更してもいいかもってくらい。

コロナ禍ってこともあったでしょうが、それでも奄美は穴場かと。

奄美大島

見渡す限り、ここの浜辺は全部貝とサンゴ!

坊は袋を片手に夢中でお気に入りを探していました。

こちらの浜辺では、12月ですが、はだしになって波とたわむれたり……。

気持ちいいって言ってました。

奄美大島

日がかげってきました。

どこを撮っても絵になる気がする。

奄美大島

日が落ちていきます。

波音をぼんやり聞いているだけで、日頃の疲れがはがれていく感じ……。

また行きたい……。

夏はダイビングもできるみたいなので、いつかそれにも挑戦したいな!

スポンサーリンク

奄美大島での郷土料理!鶏飯(けいはん)がおいしかった

いろんな郷土料理があるようですが、私は鶏飯(けいはん)をいただきました。

こちらは、おもてなしで出てくる料理なんだって。

左真ん中の黄色いのは、「たんかん」というみかんの粒状のもの。

風味がとってもいいので、お土産でも買いました。

鶏飯

どうやっていただくかと言うと、白飯の上に、さっきの具材を好きなように置き、お鍋に入ってる鶏だしスープをたっぷりかけます!

鶏茶漬けみたいな感じかな。

あっさりしていて、おいしいんです!

奄美海洋展示館でウミガメに餌やり体験!キャベツを食べる姿がかわいい

奄美海洋展示館

奄美海洋展示館にも行きました。

ここでは、ウミガメを観ることができます。

バックヤードにも入れてもらい、小さいウミガメさんにも会わせてもらいました。

ウミガメ

ウミガメの顔って、好きだわー!

そして、でっかいー!

うちの坊、乗れるんちゃうかな。

奄美大島のウミガメ

餌やり体験もできました。

えさは、キャベツです!

モグモグペロリと食べてました。

奄美海洋展示館

こんなに近くで見られるとは思ってなかったので、貴重な体験ができてよかったです。

スポンサーリンク

奄美大島旅行!田中一村記念美術館でゆったりと時間を過ごす

奄美大島ゆかりの日本画家、田中一村さんの美術館にも行ってきました。

幼少期の絵も展示されていましたが、8歳ですでに「巨匠」って感じでした……。

作風も、上の写真みたいなのから「THE水墨画」みたいなのまで様々。

なんというか、私、一村さんの絵、ほしくなりました……。

家に飾りたくなる絵って、ほんとすてきよね。

色合いとか、日本画だと地味目になりがちなイメージでしたが、パッと目をひくしかけがあるというか。

田中一村記念美術館

記念美術館は、こんな建物。

中も座り心地のいいベンチがあり、お客さんが私達だけだったこともあり、のーんびりゆーったり過ごせました。

奄美大島に行きたいと思ったきっかけ・今度は家族みんなで行きたいな

そもそも、なぜ奄美大島に行きたいと思ったのか。

私が育ったマンションに、「おばあちゃんが奄美大島」という同級生がいたんですよ。

その子は、毎年のように夏休みに奄美大島に行っていました。

それを聞く小学校2年生まで、私は「奄美大島」の存在を全く知らず、すぐに地図で調べました。

あぁ、ここか。遠いな、と。

今はLCCもあり、気軽に行けるようになったようですが、当時は外国に行くくらいの費用もかかったかと。

それから私はずっと奄美大島にあこがれがあったんです。

そしてしばらく奄美のことは頭から離れていましたが、大学の友人が、いろんな縁あって通う?ように奄美に旅行するまでになり、その友人のすすめもあって、今回の旅行を決めました。

坊にとっても、大満足の旅行になったようです。

ずっとレンタカーでゆっくり回れたし、海や公園で遊んだりもできました。

こちら、公園で見かけた蝶。

南国!って感じだわー。

奄美大島では、知人(もう友人と言っていいだろうか)に大変よくしてもらい、坊は帰りの飛行機でとっても寂しそうにしていました。

旅って、やっぱり、人に会いに行くのが一番思い出に残るなぁ。

自然もご飯もすばらしかったけど、その郷土で育った方々と笑うことが、一番の宝物になる。

大島紬の髪ゴム

お土産には、いろいろ買いましたが、姉と姪っ子には大島紬の髪ゴムを買いました。

かわいいでしょ!

たんかんのジャムも!

坊はハブのお人形がほしいと言ってききませんでした……(笑)

 

今回、夫は仕事で行けなかったので、次回はみんなで行けるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP