新刊『涙の音、聞こえたんですが』(ポプラ社さん)発売中!!

8歳の男の子のニット帽!子どもに好きな毛糸を選んでもらって編みました

こんにちは。

久々に、子ども(8歳・男の子)にぼうしを編みました!

今回もかぎ針編みです。

スポンサーリンク

手編みのぼうしは、文字通りオーダーメイドでぴったりなものができるのがいい!

今回、息子が「編んで」と言ってきたので編むことになりました。

私の友人からもらったニット帽があるのに……と思いつつ、お母さんに編んでほしいと言われると悪い気がしない(笑)

手づくりのメリット、それは……

  • 好きな毛糸で編める(手触りなど、好みのものにできる)
  • 好きな色の組み合わせで作れる(イメージ通りのものができる)
  • 好きな形のものができる(いわゆる「ニット帽」よりは、キャスケットっぽいものがほしいとのことで)
  • かぶる人のサイズぴったりにできる(編みながら、かぶせてサイズを合わせました)
  • 安上り(今回、100均の毛糸を使ったので、材料費は300円)
  • 意外と短時間で作れる(今回、全部合わせて4時間かかってない)
  • ありがたがってくれる(笑)

そして、デメリットは……

  • 余り糸が、また増える

これくらい?

センス良く色合わせするのが難しいニット帽・今回の反省点

毎回、こんな感じでニット帽などを編む度に、

はるか

色合わせ、これでいいんかな?

と頭を抱えます。

どの色をどんな割合にするか、なかなか難しい……。

今回の反省点は、ずばり、選んだ毛糸。

数日後に旅行がひかえていたので、それまでに編んでしまいたく、結局のところ、一日かからず編めたのですが、太い毛糸を選んでしまったわけです。

毛糸が太いと、つまり一目が大きくなるわけで、編む時間もかなり短縮されます。

ま、時間の問題だけでなく、太い毛糸だとふわふわになるので、それを子どもも気に入ったので今回の毛糸を選んだわけですが……

太い毛糸だとね、重くなるんですよ。

ま、その分、あったかくはあるんだけどね。

許容範囲だとは思うけど、なんかできあがったものを両手に持つと重い気がして……。

子どもは全然気にしないと言ってくれたけど……。

中太くらいのを選んだ方がよかったかなぁ、と後悔。

これ、前も同じ後悔したような気もするから、どうしようもないな、私……。

かぎ針!数時間でニット帽は完成!子どもが気に入ってくれたからいいか!

どこまで編むか、子どもにかぶせつつ調整し、完成。

子どもは大喜びで、さっそく外遊びにかぶってってくれました。

いつまで母親の手編みを喜んでくれるかわかんないし、私にとってもかけがえのない時間になりました。

(じゃあ、もっとちゃんと時間かけなよって感じですが)

わりと頭のサイズぴったりめに編んだので、もしかして来年も編むことに……なったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP