『人魚の夏』が第69回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しました!

子ども(5歳)に腰をマッサージしてもらって嬉しかった話

春の天道虫


こんにちは。

これまで生理の時は頭痛がする派でしたが、産後は腰がより医薬なるようになりました。

はるか

毎月地味にしんどい……

夫に言って、腰のツボを押してもらうんですが……

 

スポンサーリンク

マッサージの仕方にはうまい下手もありますが相性もあると思う

専門的に勉強したなら話は別です。

けれど、独学というか、自己流でする場合、マッサージってほんとに相手との相性があると私は思います。

はるか

つまり、大人だから、夫だからと言って自分に合うマッサージをしてもらえるかというと違うということ(笑)

そして、まだまだ人生経験が少ない5歳の子どもだからと言って、下手とも限らないということ。

 

専門家である整体の先生でも、やっぱり相性ってあるなと、私は思ってます。

専門家はやっぱりみなさん専門家ですが、最後の最後はやっぱり「相性」かなと。

大好きな整体の先生が退職されることになり寂しい

私が思う相性のいいマッサージはどんなものか

二つ、あると思うんです。

リズムと、タイミング。

つまり、グリグリ押したり、グッと押す頻度というか、スピードというか。

そして、それを始めるタイミングが自分の気持ちと合うかどうか。

はるか

今から始まる!

と頭のどこかで考えた瞬間に始まるのがベスト。

それより早いか遅いかすると、ほんと微々たることなんですがストレスに。

正直、これは相手のことをよくわかっているかわかっていないかも重要になってくるし、あとは…・・・

無意識は無理でも相手のリズムとタイミングに合わせられるか合わせられないかだと思ってます。

専門家の整体師の先生なんかだと、相手の性格とかそういうことは何も知らなくとも、相手の波長に合わせるのが上手な気質というか、合わせようと相手をさぐることができる気質があるような気がする。

「マッサージ?まかしとけ!ツボってところを押せばいいんだろ!ほら、押したぞ!」

みたいだと、なーんも気持ちよくない。

と、私は思うのですが、皆さんはどうでしょうか。

うちの夫はここまで横暴ではないんですが、雰囲気的に心肺蘇生法(心臓マッサージとか)みたいな感じで、ありがたいけどさぐる感じはない。

マッサージって、されながらいちいち

はるか

そこを5秒間、あ、やっぱり8秒間。それからちょっと足の方へ3センチ下りて上へ持ち上げるように6秒!

とか言うのは面倒大変。

やっぱり、天性のものって、あるのかな。

言わなくてもわかる人というか、勘が鋭い人っているものなので、申し訳ないけどそれと比べてしまうのかな。

パスラさん

 

一つに、やっぱりマッサージの経験値があるような気もします。

自己流であっても、マッサージをだれかに何度もしたことがあったら、「これはしたらあかん」とか「こうやったら効く」ってのが感覚的にわかってくるものかも、と。

私は子どもの頃から、父にも母にもマッサージしてもらったので、やっぱり比べてしまってるのかも。

はるか

あ、夫婦仲が悪いとかではありません(笑)

 

5歳の子どもが腰をマッサージしてくれました

正直、やってくれると子ども(5歳の男の子)が言った時、「気持ちは嬉しいけど……」と、一瞬思いました。

だって、これまでしたことがなかったし、力が足りないことはわかりきったこと。

おまけに、たぶんすぐに飽きるだろう、と。

はるか

でも、してもらってビックリしました。

力は確かに足りませんでした。

でも、押してほしい位置を指定すると、細い親指でグーっと押してくれ、その気持ちいいこと。

  • 押すタイミング
  • 押す時間
  • 押すリズム
  • ちがう位置をリクエストした時の移動距離の的確さ
  • わりと長くやってくれた
ばっちりで、ほんとに驚きました。

なんでだろ。

お腹にいたから、私の呼吸というか、リズムを覚えているのかな?

すごいな!と思いました。

私以外に通用するのかはわかりませんが……

夫もその後やってもらって、上手だねと言ってましたが。

 

スポンサーリンク

私も子どもの頃両親の体に乗ってマッサージしていたのを思い出す

私は子どもの頃から両親にマッサージしてもらっていましたが、私も時々両親にしてました。

わりと小さい頃から……そう、今の我が子(5歳)の頃には、もうやってました。

やっぱり力がないので、親の背中とか足にはだしで乗ってました(笑)

はるか

子どもの頃は体重が軽いので、背中でも問題なかったんですよね。

バランス感覚は全てこのマッサージで培われたと言っても過言じゃありません(笑)

やりすぎてしまったりと、失敗もたくさんしましたが、人の体について学ぶとてもいい経験でした。

 

こんな感じのでっかりマッサージ機が家にあった時もありましたよ。

私もたまにやってました。

 

私はこうして両親を実験台にし、誰かにマッサージをするということや、「どこがどこに効くか」というのを学びました。

小学校の頃は図書館で「体のツボ全集」的な本も読みました。

おかげで学生時代に合宿で生理でしんどそうな友人にやってあげたりしてました。

その彼氏に生理のツボを教えたりね(笑)

素人なので、無駄な力は入れず、気休め程度にしてましたよ。

はるか

そして、ここまで書いて思うんです。

専門的なところに行かない限り、プロにはしてもらえません。

なので、素人がするんだったらリズムとかタイミングもあるとは思うんですが、やっぱりそこまで変わらないのかも、と。

プロと差別化するならば、1番は気持ちだと思います。

私の場合、子どもの口から「やってあげる」と自発的に言ってくれたからより気持ちよくなったのかもしれない。

私を楽にしようと思ったその思いやりが、嬉しくて、結果癒されたのかも。

「しんどそうな相手のために何かしたい」

という心があれば、多少のリズムやタイミングが合わなくても、なんとかなる。

と、私は思います。

独りよがりにならないで、うかがいながらするマッサージが一番気持ちいいよ

パスラさん

 

嬉しい気持ちって、ほんとに癒されるな。

まずはそれを待つんじゃなく、自分から誰かにしてみよう。

今日は久々に夫にしてあげようかな。

 

 

こんなかわいいマッサージ機がほしいんですが、これってやっぱりソファーがある方がいいですよね。

マッサージ機より先にソファーうちにほしいなぁ。

 

トップの写真は、息子と先日見つけた天道虫。

かわいい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP