最新作『 HIMAWARI 』発売中!

なぜなぜ期の質問が進化!花はどうしてきれいなのか?歌はどうやって絵に描くか?


こんにちは。

うちの子どもは現在5歳8か月。

うちは、4歳半からいわゆる「なぜなぜ期」に入りました。

なぜなぜ期はいつ?うちの子(4歳半)はないのかなと思っていたらついに始まった!

子どもの「なぜ?」はおもしろいものですが、なかなか答えにくいものもありますよね。

そして、5歳半からは「なぜ?」もどんどん高度になっていき……

5歳の子どもの「なぜ?どうして?」に応える・最近の触れ合いから見る成長

最近では、哲学的な質問が増えてきました。

今日は、そんな話。

スポンサーリンク

子どもの「なぜ?」には「どうしてだと思う?」と返すが前までは「わからない」だった

子どもが「なぜなぜ期」に入る随分と前から、先輩ママさん達によく聞いていたのは、

「どうして?には、『どうしてだと思う?』で返すのよ」

というもの。

なるほどなー!と、私もやってみたわけですが、最初はうまくいかず。

英語とか、語学でもそうだと思いますが、「リスニング」は少しはいけても、「スピーキング」はなかなかついていきません。

うちの子に「どうしてだと思う?」と聞いてみましたが、まず

  • 本当にわからない
  • なんとなく想像はつくけれど、それを説明できない
  • 早く答えが知りたい(答えるのめんどくさい)
  • 自分の答えがまちがってたら嫌だな(怖がりなゆえ)

となってしまうわけです。

特に最初は2つ目。

言いたいことはあっても、それを人にわかるように話すのは、けっこうな語彙力がいります。

はるか

けれど、5歳半頃から、だんだんとできるように。

説明は下手で、親の私でないとわからないような発話ですが、それでも一生懸命自分の意見を言う姿は、とてもかわいい。

なぜなぜ期の質問が進化して哲学的に!?即答したらだめなものばかり出てくる

もうね、親の「人間力」を日々試されてます。

どんな質問かというと、

  • 「お花ってなんできれいなん?」(公園の花を見つめながら)
  • 「歌の絵ってどうやって描くん?」(歌番組を見ながら)
  • 「なんで色を混ぜたら色変わるん?」(絵画教室の後で)
  • 「お花はなんで枯れてしまうん?」
  • 「なんでサンタさんのトナカイは飛べるん?」
  • 「神様はどこにいるん?」

とまぁ、ここ数日でもたくさん出てきました。

よく聞く「氷がとけたらどうなるか?」の質問に、答えが「水」と「春」があるように、

これらのうちの子の答えも、1つではないでしょう。

ありきたりな答えはすぐに浮かぶのですが、そうやって固定概念を押し付けるのもいやで、

はるか

今こそ、「どう思う?」だ!

と、ここぞとばかり質問返しをしています。

最初は「なんですぐ教えてくれへんの」って顔をされますが、「まちがいなんか、ないんやで」と話すと、彼なりの答えを話してくれます。

あぁ、成長したな、と感動。

「お母さんも子どもの頃同じこと考えた?」と聞かれてドキッとする

そしてうちの子、きまって語り合った後は、

「お母さんも子どもの頃同じこと考えた?」

と聞いてきます。

親の子どもの頃について、ものすごく興味があるみたい。

「赤ちゃんの時どうだったでしょう」クイズを毎晩子どもに出してみる

いくつかは、私も同じように考えていましたが、「花はどうしてきれいか」なんてのは考えたことなかったな……。

こういった「疑問」の数だけ、子どもには分岐点があるんだろうな。

スポンサーリンク

毎日の慌ただしさの中で子どもの「なぜ?」から始める親子の「語り合い」

毎日、平日は保育園。

夕方帰ってきてから、ご飯にお風呂にと慌ただしく、いつの間にか寝る時間。

休日は休日で、私がぐったりしていたり、キッズワークをしたりしているとすぐに時間は経ちます。

そう、なかなか「語り合う」ことがないのです。

ま、この前まではできなかったんですけど。

はるか

でも、子どもの「なぜ?」を機に、お互いの心の深い部分を見せ合うことが増えました。

私が思っていたよりずっともう「お兄さん」で、我慢をし、悔しさや寂しさを小さな手に握りしめて暮らしているんだなと、ふと感じられる瞬間が増えました。

大阪という土地柄もあるかもしれませんが、周りのお友達の口調がたまにきつい時もあり、一つ一つにしょんぼりしているうちの子。

「どうして〇〇くんは〇〇なんだろう」

とか言いながらも、そのお友達の行為は苦手だったり嫌いでも、その子自身は嫌いではないらしい。

ものすごく、大人だなと思う。

これからも周りにもまれ、時には自分がもまし、磨かれていくんだろうなぁ。

どんな時も、疑問を持つことはやめないでほしい。

子どものこういうことって、書き留めておくと宝物になりますよねー。

想像力は自分を救い世界を救うと本気で考えています

「なぜ?」に仮説を立てること。

想像力で選択肢を増やすこと。

疑問を解決するために情報を集め、また新たな疑問と出会うこと。

私は子どもの頃、これをものすごく怠ってきたように思います。

はるか

基本、めんどくさがりだったし

けれど、めんどくさいからって、やらないと大人になってからそのつけがくる。

我が子には、「世の中の常識」とか「周りの普通」とかでなく、自分の頭で考えられるようになってほしいなと願ってやみません。

保育園に行ってると、しかたないんですが「みんなやってる」みたいなのが徐々に増えてきました。

けれど、「自分はどう思うのか」「自分は何がしたいのか」をまずははっきりさせることが大事だと考えます。

動かないものを持っている人は、とても強いです。

疑問がある時、ちょっと時間をとって想像してみることで、自分と周りの世界を変えると、私は信じています。

 

それにしても、「歌」を絵にするって、なかなか難しいよね。

安易に考えると「音符(♪とか)」を描いたらいいんでしょうけど、なんかちがう気がする。

音符以外でどう表現するか、ちょっと考えてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP