『人魚の夏』が第69回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しました!

ムーミンバレーパーク!子ども&赤ちゃんと満喫してきました


こんにちは!

2022年6月4日(土)に、飯能のムーミンバレーパークに行ってきました!

ずっと行ってみたいと思ってたので、楽しかったです!

こちらのテーマパーク、ムーミンとその仲間たちについて知識がなくても楽しめますが、

ムーミンを読破しておくと、より楽しめますので、サラッとでも読んでおくことを強くおすすめします!

アニメもあるみたいですね!

スポンサーリンク

ムーミンバレーパーク!祖父母と家族の6人で行ってきました!入るまでちょっと歩きます

さて、今回のムーミンバレーパーク、夫の両親とうちの家族(子ども、7歳と0歳)の計6人で行ってきました!

西武池袋線で終点の飯能まで行き、そこから直通のバスで15分くらいだったかな……。

はるか

飯能駅のパン屋さんで、お昼ご飯を買っていきました!

ムーミンバレーパーク内には自動販売機がいくつもありますが、自分で飲みものを持っていくことをおススメします!

とにかくいい天気で、6月初旬でしたが、待ってる間とか、けっこう暑かったです。

日傘もあるといいかもしれません。

ベビーカー連れ、うちも含め、たくさんいましたよ。

ただ、自然を演出していることもあり、道が舗装されていないところ(つまり、土)も多く、

はるか

けっこうな坂のところもあります。

回り道すればじゅうぶん全部行けそうですけどね。

まず、入場券を買うところまで、バス停からけっこう歩きます!

「抱っこ」が必要なお子さんといっしょなら、ベビーカーあると安心かも……。

あと、アトラクションというか、ショーやムーミン屋敷に入る時はベビーカーは他の場所に置いておかないといけないので、

抱っこ紐があると待ち時間が楽かもしれません。

ま、ディズニーやUSJみたいに1時間を超えて待つようなこと、そうなさそうですけどね。

はるか

それから、ムーミンバレーパークはペット(犬?)との入場が可能で、ドッグランもいくつか見かけました。

ってことで、犬が苦手だったり、アレルギーがきつい方は、ちょっと注意が必要です。

けっこう大きい犬もいました。

みんなしっかりリードを飼い主さんに持ってもらってましたけどね。

ムーミンバレーパークをちょっとご紹介!ムーミンのお屋敷がとにかくかわいい

それでは、ムーミンバレーパークのいくつかをご紹介します。

まずは、本のゲートをくぐって、入場券を買います。

入場し、とことこ歩いて行くと、6月ということで「ムーミン谷とアンブレラ」が開催されてました!

こんな風に、傘が飾られています。

いろんな色の傘があり、地面にその影がうつってとってもきれいでした!

まず楽しんだのは、ちょうど時間だったこともあり、「エンマの劇場」!

こんな風に、ムーミンたちが踊ってくれました。

スナフキンの気だるげな感じが、すてき。

司会のお姉さんのすばらしさにも、注目!!

(どんだけ練習したら、あんなパフォーマンスできるんやろ)

木のベンチが劇場の前にあるんですが、いくつかしかなく、すぐにうまってしまいました。

なので、私達はレジャーシートをしいてほぼ中央の一等地で待機!

うちの赤ちゃん(0歳)もノリノリで楽しそうでした。

劇場前にはテントのように日よけがあるので、それはほんとにありがたかったー!

 

そしてお次は、おさびし山エリアの「ヘムレンさんの遊園地」へ行きました。

ここまで、わりと坂がつづきます。

自然の中なので、空気がきれいで気持ちいいですけどね。

要は、アスレチックです!

中はこんな感じ。かわいい。

つり橋もあります。

これが、周りを網で覆ってくれてるので安心ですが、けっこう揺れる、揺れる……。

近くには、小さい天文台もあります。

とまぁ、ヘムレンさんの遊園地で1時間近く遊び、そこにあったベンチでお昼ごはんのパンを食べ、次へ……。

こちら、海のオーケストラ号。

映像がとってもきれい!

うちの長男(7)は気に入って、2回入ってました。

途中、揺れたり大きな音がしたりするので、小さい子は怖がる子もいるかも。

(うちの赤ちゃんは大丈夫だった)

待ち時間も、15分くらいだったかな。

そして次は、リトルミイのプレイスポット。

待ってる間、リーフレットを読んでました。

(いろんなところにムーミンについてのカードがあって、自由にもらえる)

いよいよ、始まるよー!

こちらの劇場は、特別大きな音とかもなく、でも工夫いっぱいで笑っちゃった!

ムーミン谷を読んでから入れば、より楽しめるかな。

 

そして、いよいよ!

一番の目玉、ムーミン屋敷!

あー!スナフキンがいるー!

ムーミン屋敷には、地下から入ります。

ここが一番、待ち時間長かったかな。

と言っても、30分ほどだけど。(ベビーカーは入れません)

こんな風に、階段をのぼっていきます。

(地下は写真、撮り忘れた……)

そして、1階。階ごとに、スタッフのお兄さん、お姉さんが解説してくださいます。

こちら、キッチン。

けっこうせまい。天井にはたくさんのパンが!!

こちら、リビング。

ご先祖様の目、動きます(笑)

チューリップ柄の水色の壁紙がかわいすぎる。うちもこんなんしたい。

こちら、リトルミイのお部屋。

ものすごく小さい!

でも、いろいろそろっててかわいい。

なんでムーミンといっしょに住むことになったかは、リトルミイのプレイスポットに行けばわかります!

こちら、客間。今はスノークのお嬢さんが泊ってるので、乙女な感じ。

こちらは、ムーミンの部屋。

ベッドにかかってるのは、あの海水パンツ!!

ここは、ムーミンパパが冒険の計画をねっているところ、だそう。

屋根裏はムーミンパパの書斎らしい。

と、ムーミン屋敷はここまで。

 

コケムスでは、ムーミンの世界を歩いて堪能。

こちらは、ムーミン谷の模型。

かわいい……。

このコケムスに、カフェなんかもありました。

長男はおばあちゃんに、スナフキンのぬいぐるみを買ってもらってました(笑)

かわいいキッズスペースもあり、そこで赤ちゃんをゆっくり遊ばせたりも。

ムーミンバレーパークは小さい子ども(赤ちゃん)といっしょでも安心!トイレもきれいだった

こちら、ヘムレンさんの遊園地近くのトイレ。

押戸でびっくりした。

中は、なかなか広くてきれい!

コケムス内の、キッズスペースでは、窓にらくがきしていいとのことで、専用のクレヨンが!

上の写真は、長男が描いたスナフキン。

コケムス1階の授乳室には、ミルク&離乳食用のお水も用意されてましたよ。

というわけで、坂はちらほらあるものの、赤ちゃんにもやさしいテーマパークでした。

スポンサーリンク

ムーミンバレーパークは一日で回り切れない!また子どもが大きくなったら行きたい!

まだ次男は歩けないので、また歩けるようになったら連れて行きたいな。

のんびり、ゆっくりするにはぴったりなところで、気に入りました。

バス停近くに、メッツアというマーケット&レストラン棟があるので、今度はそこも見てみたいな。

ムーミンバレーパーク内も、まだ行けてないところもあるし。

何よりお天気で、ほんとよかった!

今度は息子に全巻制覇させてから行きたいな。

(アニメ映画は、ちょっと見てたんですけど)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP