最新作『 HIMAWARI 』発売中!

持ちやすくて軽いスプーン・フォーク・ナイフがほしい!「私の部屋」で買いました

スプーン・フォーク・ナイフ


引っ越しに伴い、うちのスプーン・フォーク・ナイフを新調することに決めました!

今あるうちのスプーン類は、実家からもってきたものや、夫が一人暮らし時代に使っていたもの。

だいぶくたびれてきたので、せっかく新居へ移るんだし、思い切って新しく買おう、ということです。

はるか

スプーンの大人買いなんて人生初めて!!

 

スプーンやフォークを何本ずつ買うか?あると便利な本数は?

家にあるティースプーンとケーキフォークはまだ使える……ってことで、大きいスプーン、フォーク、ナイフだけ買い替えることにしました。

というわけで、

  • スプーン 5本(家族3人+お客さん分2本)
  • フォーク 5本
  • ナイフ 2本(めったに使わないから)

を買うことに決めました!

私のスプーンを選ぶ基準

長く使える素敵なスプーンを求めて、以下のようなことを気にしながらあっちこっちの雑貨屋さん、インテリアショップをめぐりました。

  • シンプル(装飾があったり柄が木だとかプラスチックだと、汚れがたまりやすい)
  • 重すぎない(手がいたくならないように)
  • 色はつや消しじゃないもの(完全に好み)
  • 値段はできれば700円まで(何本も買うから、1000円以上はちょっと厳しい)
  • 持った時に違和感ないもの(完全に好みの問題)

 

動ける範囲なので、全てをめぐり切った気はしませんが、それなりの地域のお店を見てまわりました。

  • 天王寺MIO
  • あべのハルカス
  • あべのキューズモール
  • なんばパークス
  • なんばウォーク
  • 梅田のルクア
  • グランフロント大阪
  • IKEA
  • 東京インテリア
  • 無印良品

 

などなど。他にも梅田で何件か見ました。

ネットで買うという手もあったのですが、どうしても手に持って重さや感触を確かめたく、やめました。

その結果!

私の部屋のスプーンに決めました!!!!

あべのハルカスの9階にあります。

お店の人がとっても丁寧で笑顔がすてきでした!

 

「私の部屋」のスプーン・フォーク・ナイフをご紹介!

 

「WATASHINOHEYA」という、ローマ字表記でお店には書いてありましたが、紙袋は漢字でした。

 

さて、そのスプーン達ですが……

まずはスプーンさん

すみません。写真の撮り方で柄が短く見えますが、そんなことありません。

「私の部屋」さんのスプーンの特徴は、上記した私の「スプーンへ求める基準」に加え、こんな特徴があります。

  • スプーンの首が細い
  • 口に入れる部分がすこーし大きい気がする(だからスープもわざわざスープスプーン使わなくてもこれでいけそう)

正直、重さはもう一声軽くてもいいかなと思ったんですが、総合的に考えて、これがいいかな、と。

お値段は、¥530+税 です(*’ω’*)

 

お次は、フォークさん

首が細いと、自分の好みの太さのところで持つことができるんですよー!(*’ω’*)

こちらも、お値段はスプーンといっしょで ¥530+税!

 

最後は、ナイフさん

ナイフ

この切れやすそうな感じ、見て!

うちにあるナイフが、切れなさすぎて、お肉で試す度にキレそうになってたので、これなら期待できる!!

お値段はスプーン・フォークより少しはり、¥660+税。

フォーク・スプーン・ナイフ

と、このようになりました。

 

スプーンは100均でも売っているけれど

今回新調するにあたり、ものすごーく悩んだんです。

スプーンなら、100円均一の店にでもある。300円均一のお店にも。

けれど、いろいろと見ていると、やっぱり値段がするものは、いい。

( ・∀・)イイ!!!

正直、安いスプーンの方が軽いから手首にやさしいかなとかも考えました。

けれど、なんだろう……

ハッキリ言っちゃいます。

いいのを見た後だと、ときめかないんです((+_+))

いや、安いのがダメとかじゃありません。百均大好き!

気に入ったのなら、安くっても買います。

ただ、長く使うなら……見る度に

  • やっぱり好きだな
  • がんばって選んでよかった!
  • 大事に使おう

 

と思えるかな、と。

たかがスプーン。されどスプーン。

毎日のように使うものだからこそ、キュンとくるものを。

はるか

どう思う?

と、夫にも聞きましたが、「長く使うんだから、いいんじゃない」と。

どちらかというと、安いものを選ぶ夫なのに、快くこう言ってくれたので、即決!

はるか

早く使いたい!!!

 

ひっこしました:

桜と虹とお引越し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です