最新作『 人魚の夏 』発売中!

朝日新聞の朝刊・近畿地方各県版「ほんのとびら」のコーナーで拙著『星空点呼』を紹介していただきました!


こんにちは。

児童文学作家の嘉成晴香です。

先日、電話で取材していただき、デビュー作を朝日新聞で紹介してもらいました!

今日はそのご報告。

スポンサーリンク

朝日新聞の朝刊で拙著『星空点呼』が紹介されました!

先日(2021年5月12日)、朝日新聞の朝刊、近畿地方各県版「ほんのとびら」のコーナーです。

拙著『星空点呼』を紹介していただきました!

こんな感じです。

(一部しか載せられませんがご理解ください)

デビュー作『星空点呼』は私にとってとても大切な一冊

どこの作家さんもそうでしょうけれど、デビュー作ってのはかけがえのない作品です。

私はこの作品で、朝日学生新聞社児童文学賞と児童文芸新人賞をいただいたので、今の私を盛り立ててくれた物語とも言えます。

前に作家の先輩と、「デビュー作を超えるものを書くのはなかなか難しいもんだね」と話したことがありましたが、

確かに、かけた情熱が、デビュー作はすごいんですよね。

今読むと、つたないなと思う部分もたくさんあるのですが、それでも、大事な作品。

つづきものではありませんが、「いじめを巡る三部作」なので後に2冊ございます。

いじめを巡る3部作読書感想文にいかがでしょう?いじめを巡る3部作『星空点呼』『セカイヲカエル』『わたしのチョコレートフレンズ』

こちらも、手に取っていただければ幸いです。

 

7月には、新刊が出ます!

またご報告させてください。

ではっ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP