最新作『 人魚の夏 』発売中!

JAグループの子ども向け雑誌『ちゃぐりん』5月号に短編を載せていただきました


こんにちは。

児童文学作家の嘉成晴香です。

久々に、お仕事の報告を。

JAグループの子ども向け雑誌『ちゃぐりん』5月号に、私の短編を載せていただきました!

スポンサーリンク

『ちゃぐりん』のショートストーリーに短編『まだ四年生』が掲載されました!

今回は、締め切りがけっこう早かったんですが、幸いにも書きかけの短編があったのでそれを完成させて提出。

編集者さんが「読者対象は小学校中学年~」とおっしゃったので、タイトルどおり、そのまんまのお話になりました。

このお話は、私がちょうど4年生になったばかりの時のことを思い出して書きました。

なので、作者の私にとっては回想録というか、懐かしい雰囲気の物語りになってます。

「まだ4年生」と、主人公マイは思います。

はるか

私がかつてそうだったように。

でも、親になって今は「もう4年生」とか思うんだろうなと、あと4年後の未来を想像してふふふと笑いました。

もしお手元に「ちゃぐりん」5月号がございましたら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

はるか

そして、私が見本誌いただく前に、作家の先輩が「読んだよー!」とメッセージくれて嬉しかった!!

いつも読んでくださるH先生、大好きだー!

久々に載せてもらった短編!イラストレーターはフジワラヨシトさん!

さて、今回も編集者さんに「イラストレーターさんのご希望あります?」と聞いてもらいまして。

ここぞとばかり、Twitterを見て気になっていたイラストレーターさんをば……。

それが、フジワラヨシトさんです!!

はるか

動物の絵が多く、全体的にポップでやわらかい雰囲気のイラスト。

短編には羊が出てくるので、その羊のめーちゃんをかわいく描いてくれそうな方を思い浮かべた時、

まっさきに名前が出てきたのがフジワラヨシトさんでした。

春のまだ肌寒い雰囲気と、桜のあたたかさ、静けさも表現してくださり、感激です。

主人公のお母さんの服装など、こちらの細かい指摘にも迅速に対応してくださり、とっても助かりました。

改めて、イラストレーターさんって大変なお仕事だな、と思いました。

『ちゃぐりん』に短編を載せてもらうのは3回目!実は全部同じ主人公でした

実は、『ちゃぐりん』にショートストーリーを載せていただくのは、これで3回目。

そして、1回目も2回目も、今回も、主人公はいっしょなんです。

はるか

羊のめーちゃんも、もちろん出てきます!

1回目と2回目が……それこそ5年以上前なので、覚えてくださってる方はいないでしょうが、

作者しかできない?遊び方をしてみました(笑)

10歳って、ほんとに絶妙な年だなぁと思います。

まだ4年生、もう4年生。みなさんはどう感じてましたか?

ちなみに私は6年生になった時、「やっと6年生」と思いましたよ(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP