最新作『 人魚の夏 』発売中!

赤ちゃん(新生児)のために明るさを調節できる電灯(シーリングライト)にかえました


こんにちは。

二人目の出産予定日がせまってきました。

ということで、家を「新生児用」に整えなければなりません。

掃除や片付けはもちろんのこと……

スポンサーリンク

新生児を家に迎えるための準備の一つ!ベビーベッドをどこに置くか?

一人目の時は、ベビーベッドはありませんでした。

でも今回は姉が貸してくれるということで、遠慮なく甘えることに。

はるか

ベビーベッド、ちょっと使ってみたかったのよねー

そこでずっと寝させるというよりは、日中はそこで過ごさせる感じで使っていこうと思ってます。

そこでまず考えるのは、ベビーベッドをどこに置くか?

上の子のお世話もあるしで、いろいろと考えた結果、リビングにすることにしました!!

ここだと、家族みんなで赤ちゃんを見守れるはず。

また、リビングだと(狭いけど)広々とベッド置けるしね。

新生児の目を守るために裸電球から蛍光灯(光調節あり)に変えました!

ここで、問題が一つ。

うちのリビングの証明、こんなのなんですよ。

つまり、裸電球なの。

大人でも、床に寝っ転がって天井に目をやると、「まぶしい!」って思う感じの強い光。

はるか

これって、最初は寝返りできない新生児にはきついんじゃ?!

なるべく電灯の下にベッドを置かないように考えてみたものの……

どこに置いても光が直接目に入りそう……

ってことで、付け替えることにしました。

ちょうど、ちがう部屋のライトがダメになりかかってたので、それを処分し、リビングの電気を移動。

そして、こんな↓感じの、色や光の強さがリモコンで調節できるタイプのシーリングライトにしました。

これだったら、夜でも弱い光にしとけば、少しは赤ちゃんの目を守れるんじゃないかと。

リビングの電球買う時、二人目のことまで考えがおよばなかったなぁ……。

小さい子どもがいながらインテリアにこだわるのは難しいけれど

子どもをもってびっくりしたのは、うちだけかもしれませんが、

はるか

片付けても片付けても、ちらかる!傷がつく!知らん間に汚れる!

ということ。

なので、新しく何かを買う時も、子どもの動向を考えてしまう……

インテリアにこだわりたくても、例えば革製品のソファとかもなかなか手が出ない……

洗えるかどうかとか、そんなことばっかり目がいく……

小上がりソファーのかわりに小上がり(畳収納)買いました!収納家具としても優秀! まるいラグおすすめ!丸いラグマットのメリット・デメリット・購入時の注意点!

でも、それも家族をもつ醍醐味ですよね。

こうやって人は、いかにして生活を豊かにしていくか、日々研究し、時にはあきらめるのです……

ま、子どもが大きくなって、今の家具がだめになったら、好みドンピシャのものを買うことにする!!

スポンサーリンク

二人目なので少しは余裕!出産の準備は最低限にする

さて、話は戻って新生児のための準備ですが、

一人目の時も、準備は適当というか、ほんとに最低限だったんです。

よくネットにのってる「最低限必要なものリスト」の9割くらい。

服の枚数とか、1~2枚少ないくらい。

それでも、どうにかなりました。

どうにかなるどころか、「うちの子にはここまでいらなかった」とかもありましたし、

お祝いでいろいろもらってむしろ増えたりもしました。

なので、今回は8割の準備でいこうかなと思ってます。

必要になったら、今はアマゾンさんとかですぐ買えるし、一人目よりは即戦力の夫、そして上の子もいるし。

それに、出産してから入ってくる耳寄り情報もあったりもするんですよね。

なので、買うか買わないか迷った時は、「情報だけ把握しておいて、あとは保留」がいいかな。

準備でいろいろ買い足すのは楽しいし、そういうお金や時間のかけ方もいいとは思う。

でも、できれば私は「ここぞ」と私が思うところに使いたいな、と。

また、買うか悩んでたら友人が譲ってくれたりして、「早めに買わんでよかった!」ってこともちらほらと。

衛生面や健康面のグッズだけはしっかりそろえるつもりですが、それ以外は、生まれてから考えます。

 

さーて、元気に生まれてきてくれるかなー!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP