『人魚の夏』が第69回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しました!

ダイエットしたことない私が毎日気を付けていること6つ


こんにちは。

30代も半ばになると、「10年ぶり」に会う知人なんかも出てきます。

コロナ禍でなかなか会えなかったりしたしね。

そんな中、10年ぐらい前からずっと言われるのは、

「太らないね」「変わらないね」

という言葉。

私は決してモデル体型でもなんでもありませんが、確かにあんまり太らない。

太ったな、と思っても、それを意識するだけでまた元の体重・体型に戻っています。

ということで、よく聞かれるので日々私がやってる「ダイエットみたいなこと」を今日は書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

頑張らないダイエット:毎日体重計に乗る:自分の体重をいつも把握する!

持論と言うほどでもないですが、何事も継続が大事。

そして、継続するには「お手軽さ」が大切。

まずは、いつも自分の現状把握がいいと思うんです。

というわけでもないんですけど、私はほぼ毎日体重計にのってます。

体重計は、洗面所に出しっぱなしにしていて、いつでも乗れるようにしています。

そして、お風呂に入る前にはかっています。

この数秒のくせをつけるだけで、それは習慣になります。

はるか

昨日より200g減ってるな・増えてるな

とか思ったところで、食生活は何も意識はしないんですが、おそらく脳は覚えているので多少は影響してるかもしれません。

私は「体重が重い=太っている」はちがうと思います。

筋肉って重いので、ひきしまってる人って意外と重い。

なので、自分にとって何キロが一番動きやすいかを常に見計らってます。

軽すぎるとフラフラするし、筋トレとか運動もしてないのに体重が重いと、持ってるスカートがきつくなるし。

自分にとってのちょうどいい体重を意識しておくだけで、ダイエット?と言えるほどのものではありませんが、

それだけなのでストレスもかからず、体型をキープできます。

 

毎日できるダイエット:便秘にならないようにする・水分は意識してとる

体にいらないものがたまってると、そりゃ重くなります。

そして、不調になるとますます体を動かさなくなります。

ということで、便秘にならないように気を付けています。

  • サツマイモなど、芋系のものをたくさん食べる(大好き)
  • 水をできるだけ飲む(普段、水分あまりとらないので意識する)
  • ちょっとの距離なら歩く
  • ずっと座りっぱなしにならないようにする

こんな感じかな。

それでもたまに何日も出ないことがあるので、その時は少しだけ薬を飲みます。

成人は一回2~3錠だそうですが、私は1錠でじゅうぶん。

寝る前に飲んだら翌日の午前中に出る感じ。

便秘が解消されると、だいたい1キロは減ります。

でもできるだけ薬に頼りたくないので、たいていは野菜ジュースを飲んだりしてます。

 

気軽にお水を飲むのに、ウォーターサーバーはほんと便利です:

ウォーターサーバー自宅にウォーターサーバーを買って便利になりました

 

ダイエット(体重を減らす)より体型をきれいにするために:お風呂の姿見でチェックする

ダイエットというより、健康のために体型を維持したいので、

お風呂に入る度に姿見でチェックしています。

はるか

最近、ちょっとお腹がぷよぷよしてるな、とか

体重にくわえ、外見でも現状を把握することで、こちらも把握したところで何をするというわけではないのですが、

頭のどこかに覚えさせておくことで「無意識」に期待します(笑)

私はかばんなど、右だけで持つくせがあり、そのせいか肉の付き方が左右ちがったりするので、

脂肪がついてるかどうかだけじゃなく、体のゆがみなんかもなんとなくチェックしてます。

 

スポンサーリンク

時々できるダイエット:できるだけ歩く・散歩を楽しむ

ダイエットのためだけにする運動って、私には苦痛。

なので、結果的に健康につながる手軽な運動が好きです。

私にとっては、散歩が一番!

これも、速く歩くとか、どれだけ歩くとかじゃなく、ただ「楽しむ」んです。

ストレスがたまるのも健康によくないので、体重を減らすというより、リフレッシュのためですね。

はるか

近所であっても、知らない道に入ってみたり、野良猫を追いかけたり……

スマホに万歩計のアプリを入れておけば、帰宅してから「おお!」となって楽しめます。

 

究極のダイエット?頭を使うと意外と体重は減る

これは、やりすぎると体によくないですが、何か集中できることを作るのが、究極のダイエットだと思うんです。

それこそ、食事も忘れる・間食する気にもならないくらい熱中できること。

私の場合、仕事がそうです。

物語を書くのは、ものすごく頭を使います。

そして、集中するので知らない間に4時間とか経ってたりします。

デビュー作『星空点呼』を書いた時は、そりゃあまぁ痩せました。

おやつも食べてたのに、1か月で3キロとか。

はるか

ずっと座ってパソコンかたかたしてただけですけどね。

ということで、何か好きなことに取り組めば、いいダイエットになるんじゃないかな。

特に、手芸とか、途中でお菓子なんかを手にしにくい(材料が汚れるから)ものだと、いいかも。

その好きなことの後に間食してしまう!って声もありそうですが、

楽しいことしたらストレスは減ってると思うので、つづけていれば効果出るんじゃないかな、知らんけど。

 

スポンサーリンク

睡眠不足解消ダイエット:結果1食抜くことになるので痩せる

この記事を書くにあたり、自分の体重がいつ一番減るかを思い返してみました。

そしたらね、「しっかり寝た日の翌日」ということに気付いたんです。

つまり、「しっかり寝る=長く寝る=1食くらい食べない」ので、

その分、身につかないってわけです。

しっかり寝れば、ストレスも減るし、元気になる。

そうすると、体も動かしやすくなりますよね。

やっぱり睡眠不足は健康の大敵です。

というわけで、私はしっかり寝る日がつづくとだいぶ体が軽くなります(笑)

 

何事も、ほんとにつづけるのが一番大事。

習慣化してしまえば、上記のことはわりと苦も無くできるんじゃないかな、と思います。

とかえらそうなことたくさん書きましたが、これから加齢にともなって体型も変わっていくと思うので、

油断せずに現状を把握し、健康について考えていきたいなと思います。

 

 

トップの絵は、息子(6)が描いた、スリムなトラさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP