『人魚の夏』が第69回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しました!

7歳の子どもがJボード(キャスターボード)を練習しています!


こんにちは。

この度、うちの子(7歳、男の子)にJボードを買いました!

キャスターボードとか、いろんな呼び方があるみたいですが、うちの子やその周りのお友達は、

「Jボー」

と呼んでます。

はるか

「ド」、どこいったー!

コロナ禍に入り、おそらく爆発的に売れてるもので、スケボーよりも乗りやすい?みたいです。

スケボーだと、スピードが出すぎてしまうので危なかったり、子どもには転びやすいのかな?

スポンサーリンク

どうして誕生日でもないのにJボードを子どもに買うことになったのか?

さて、誕生日でもないのにどうしてJボードを買うことになったのか。

はるか

うちは、基本的に、遊び道具は誕生日とクリスマスだけ。勉強道具とそれに準ずるものは必要な時に必要な分、という方針です。
7歳の子ども(男の子)の誕生日プレゼント!あげたもの・嬉しいもらったものいろいろ

前々から「ほしい」とはチラチラ聞いてたんですが、誕生日には新しい自転車を選びまして……

それが、4月のこと。

次の機会はクリスマスですが、それまでは待てない感じ。

実はね、毎日のように近所の公園に遊びに行くんですが、周りのお友達みんな持ってて(この「みんな」はほんとに95%くらいほんと)

いつも貸してもらってたんです。

時にはその時初めて会った子にまで。

その子が使ってないほんの数分の時を見計らい、またその子が使い始めたらじっと待つ……の繰り返し。

まだ一年生なので、私も、そのお友達のおうちの人も来ていて、おうちの方も

「いいよ、いいよ、使って、使って―!」

ってみなさん言ってくださるんですが……

それが1か月を超えますと、さすがにかわいそうにもなるし、いっしょにいる私もいづらくもあり……(結局、ここか……)

やっぱりいっきに長く練習しないので、なんとかバランスをとれるくらいには、借りるだけでもできるようになりましたが、

上達しきることはないんですよね。

遊びに行くのも、「Jボードを借りるために」って感じになってしまって……

とりあえず、こんだけはまってたら三日坊主になることはないかな、と思い、(まだ0歳の下の子もいるからいつか使えるし)

見かねた私は夫に相談してみることにしたのでした……

そしたら夫は、

「じゃ、ずいぶん早い、お父さんからのクリスマスプレゼントだよ!」

と言って、買うことに決定。(事情を事細かに説明しました)

はるか

って、クリスマスはいつもサンタさんだけで、お父さんからプレゼントなんて今まで一度もなかったやーん!

夫的には、何か買ってあげる名目がほしかったのでしょう(笑)

その日のうちに、Amazonさんで注文しました!

ま、 8000円くらいしますからね、そんなに気軽には買えないなぁ。

子どもには、「次、何か新しいものが流行っても、あれもこれもって買うことはできないよ」と伝えてます。

Jボード(キャスターボード)!サイズは近所の友達と同じミニサイズに・色はブラック

さすが天下のAmazonさん!

注文した翌日に届きました!

しかも、長男が学校から帰ってきた直後に!!

すぐに箱から出しまして……

色はブラック。

ブラックはブラックでもいろいろありましたが、うちはこんなの。

サイズは、周りの友達と同じミニサイズ。

(でも、大人でも乗れます)

すぐにこのJボードを抱え、家を飛び出していきました。

3日ほどで上達!友達みんなで乗れるようになったJボード!うちの子どもの練習方法

お友達に借りまくっていた時は、ひたすら公園のてすりにつかまって、「乗る」ことに集中。

徐々に手でてすりや花壇をつかみながら、横にすべっていきました。

それからは、スロープを使って練習してました。

坂のいきおいで、10mくらいはいけるようになりました。

自分のJボードを買ったのは、この頃。

Jボードは、スケボーとはまたちがう足の動きですべっていくんですが、それのコツをつかむまでが、少しかかりました。

でも、3日、2時間半ずつ練習し、それなりに!

小さい子がイヤイヤするように、腰を振るとできるようです。

私から見た、上達のコツは、

  • 下ばかり向いていたら上手にならない(最初はこわいけどね)
  • 勢いも大事

こんな感じです……参考にならんな。

スポンサーリンク

Jボード!危険なことにならないように前に倒れることが大事&わりと重い

上手に乗れるようになるまでは、みなさんスッテーンって転んでました。

とりあえず、Jボードは前に転べばそんなにひどいけがはしません。

後ろから尻餅をつくと、手もついてしまい、骨折なんかにつながる……

ので、最初は前に降りる練習が必要です。

はるか

あと、ミニサイズでもけっこう重いです(笑)

一年生だと大丈夫かな、とは思いますが、それでも公園まで家から遠いと、重く感じるかも……。

そして、似たようなの持ってる子が多いので、名前を書くのは必須です!

Jボード!「持ってない友達がいたら貸してあげてね」

たくさんの方に貸していただいて、助言もいただいて乗れるようになったJボード。

実はまだ、どこかにつかまりながらじゃないと最初は乗れないのですが、

数分(つまり疲れるまで)は止まらずに乗れるようになりました!

スピードも出せるように。

あと、円を書いたり、方向転換もできるように。

お友達と楽しそうに乗ってるので、今回買ってあげてよかったな。

はるか

これで有り余る体力を使ってもらい、夜、早く寝てもらう!

そして、今後、誰かが乗りたそうにしていたら、貸してあげてね、とも伝えました。

してもらって嬉しかったことは、やってね、と。

「お母さんも、やってみたら?」

と言われたので、考え中の私……(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP