最新作『 HIMAWARI 』(あかね書房)よろしくお願いします!

愚図る子どもにイライラしてしまった時に気を付けようと思っていること

砂浜の子ども


こんにちは。嘉成晴香(かなりはるか)です。

嘉成晴香の創作の歩み

児童文学作家なんてやってますが、おっちょこちょいでせっかちな母親でもあります。

私の子どもはもうすぐ4歳。

新生児の時からあんまり寝ないし、こっちからすると小さいことにこだわりが強く、ままならないとすぐに激怒します(笑)

「もうイヤイヤ期終わってる頃のはずじゃ?!」

とか、人から言われると私が発狂しそうになります( ;∀;)

ずっとですけど!??

今日はそんな我が子にどう対応すればいいか、今一度考えてみようと思います。

親に余裕がないとすぐに叱ってしまう

よく考えると、笑ったり機嫌がいい時の方が少ないような我が子。

  • 朝、起こしたら寝不足じゃなくても泣きわめく(自分のタイミングで起きたかった)
  • 朝ご飯、自分の食べたいものじゃない
  • 朝ご飯、上手に食べられない
  • お着がえ、お気に入りの服が洗濯へいっている
  • お着換え、靴下の縫い目に違和感があってイヤ
  • お着換え、ズボンが反対だと私に指摘される
  • ブロックで遊んでいて、うまくはまらない(無茶なところ)
  • お人形がうまく座らない(人形に決めポーズをさせて座らせたい)

とまぁ、朝だけでもこんなに。これでも減ったんですけどね。

ただのわがままってのもありますね。

朝ご飯は、3種類から選べるようにしたりしているんですが、それでも気に入らない時は気に入らない。

(最近は、No.2とNo.3のものをまず出し、嫌がったらNo.1を出す手法に)

靴下の縫い目は、私も今の坊と同じ頃、ほんとに嫌で母を困らせた記憶が。

子どもの舌って敏感でいろんな味わかるって言いますが、それは手の先や足先にまで至るんですかね。

でも、気持ちがわかるからって、「わかるよ」と言えるだけでどうもしてあげられない。

「いつも、お靴はいたら気にならなくなるでしょ。早くはいちゃえばいい!」

と、がんばって促し、やっと収束させる。

はるか

もう、やってられなーい!!私も同じ性格だったけどー!!

特に、こっちも急いでいる時、体調が悪い時、人を待たせている時なんか、すぐに子どもにイライラしてしまう。

それなりに準備し、選択できるようにしてるのに!って。

 

私は子どもにどうしてほしいか考えてみる

私は、子どもに、極力キレないでほしいのです。

いや、たまにはいいんですが、ちょっと説明すれば解決することも、とりあえず怒り狂うので。

私は家で仕事をすることが多いので、寂しい気持ちにさせてるのかなとかも考えますが、3日間仕事せずずっと付きっきりで遊んでも、やっぱりキレてます。

どうしてほしいかというと、自分で解決する術を学んでほしい。

もちろん、それは人に聞いたり手伝ってもらうのも含みます。

はるか

素直に「手伝って」とか「教えて」と言えたらいいのに、と。

坊は、「ものごとを自分でする」ということに重きを置くので、やってあげたら余計に怒るんです。

なので、ほんとに自分で解決しなければ、今後もずっと同じことで怒らなければなりません。

本人も辛いはず。

もちろん、「教えて」と言えないのも坊の個性で、もしかすると母親の私がこう言うのは、ありのままを否定していることになるかもしれませんが、私の子どもの頃の性格と坊のの言動・行動が似すぎているので心配なのです。

ほんとに、笑っちゃうほどいっしょ。

このままでは、どんどん意固地になるというか、孤立するというか。

私がそうでした。

自分でできると過信するあまりに、できない時の落胆ぶりがすごいんですよね。

やり方を教えてもらうと、負けた感があって、悔しくて(笑)←当時3~4歳の時、私が思っていたこと(笑)

 

「まだ生まれて3年なんだから、できないことの方が多いのは当たり前だよ。

靴下だって、前は自分ではけなかったのに、今じゃすぐはけるでしょ。

練習すれば靴下みたいにかんたんにできるようになるよ。

お母さんも、坊くらいの時はそれができなくてよく泣いてたんだよ。

大丈夫。できるようになるよ」

シャツの小さいボタンを自分でとめられなかった時のこと。

私がかつて思ったように、「できない」ことがこの世の終わりのように坊も感じているのかもしれない。

もしそうなら、私が親としてできることは、ただ「できてもできなくても、あなたは大丈夫」と伝えることだけかもしれないなぁ。

 

私が思う上手な叱り方とタイミング(理想)

さて、私の思う上手な叱り方です。

大前提として、「何がまずかったか、子どもが理解すること」だと思っています。

ほんとはそれを理解し、次回からはしないようにできたらいいですが、大人でも難しいですよね。

これは、二の次。

というわけで、

  • 叱るのは短時間(長くても結局は最初の1分しか聞いてない←経験談)
  • 同意や共感は大事(自分の失敗談や、それからどうなったかも話す)
  • 結論はできるだけ子どもから引き出す(復唱させてもすぐ忘れる)
  • 子どもの感情が高ぶりが収まってからにする(ついやっちゃうけど)
  • 叱った後は、必ず仲直りする(抱きしめる)

こんな感じでしょうか。

まだ言葉が全てわかるような年齢じゃないこともあり、なかなか難しいのが現状ですが。

何度も、何度だって、短時間で伝えつづけることだなぁ、と。

はるか

叱るというより、「伝える」こと。

いい人間関係には、必須。

 

子どもにイライラしてしまった時の対処法

とは言っても、イライラするのはなかなか止められないもの。

ついつい叱りすぎてしまったり。

こんな時、最近ようやく一番大事なことを知りました。

それは……

子どもが怒っている時は、叱ったり怒ったりしない!

ということです。

わかってはいたんですが、やっと頭になじんだというか。

はるか

これをやっても、今までいいこと一つもなかった(笑)

 

じゃあ、どうすればいいか。

これです。

ユーモア!!一択!!

これに勝るもの、なし!

やり方というか、たどるべき道はこう。

  1. 子どもが怒り出したら、どうしてか聞く
  2. 理解できる時は、まずは共感。できない時は、再度聞く。
  3. 再度聞いてもわからん時は、こっちがイライラする前に、自分の気分転換をする。(お茶を飲むとか、小さいこと)
  4. 環境に変化を!(音楽をかける、TVをつける、カーテンを開ける、など)
  5. 考えておいたユーモア的なものを披露
  6. それでもどうにもならん時は、抱きしめる。
  7. いっしょに泣く。

どうでしょう。

はるか

最後、泣いてるやーん!

さて、肝心のその「ユーモア」……

うちの子(3歳)対応策の一例ですが、

  • 人形を使って共感の嵐を繰り出す(「坊、大丈夫だよ」と)
  • ベッドにいる時は、ふとんをかぶって顔を出し、いきなりかくれんぼごっこ
  • 雲を指さして、形が似ているものを述べる(「くまさんみたいだね」とか)
  • 抱っこして、ぐるぐる回る(最近重くなったので、なかなかできず)

うーん、ユーモアってより、工夫!?

そして私にとって何より大事なことは、

私まで怒らないこと!

これが大切で、大変。

子どもに感情のコントロールを促す前に、自分ができるようにならなきゃなぁと、反省する毎日です。

 

きっと懐かしく思う日を信じて、親子共に乗り越えていかなきゃなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です